• ドイツ
  • 食事,旅行記
MY EDITION

屋台でがぶつきたい隠れグルメランチ大国ドイツ

みなさん、グルメ国というとどちらをイメージしますか?イタリア?フランス?ギリシャ?もちろんこれらの国の食事はエクセレントです。今日、私が紹介するのはドイツです。ドイツというと牛肉の煮込みだとか、ザワークラフトにポテトとなんだか日本の夕食のような食事を想像するのですが、自分的にはランチは結構いける隠れグルメ大国と思っています。今時、ヨーロッパで10ユーロ以下で食事をするというのは非常にむつかしいのですが、さすがドイツ、合理性の極致からそれが結構10ユーロ以下でも食べれるんです。ドイツのランチタイムといえば、みんな肉屋でたってグリルドポークにハム、ソセージをポテトと一緒にとか、パンにはさんで食べるとかが一般的です。今日、自分が訪ねているフランクフルトでは通りの屋台でスーツを着込んだ人達がたって、チキンや、ビーフ、ポークのグリルやステーキを8ユーロぐらいで食べています。結構男臭い野郎飯ですが、これがうまい。ほかに魚の屋台やもちろんハムやソーセージのサンドイッチが3-5ユーロぐらいで食べれます。さすがドイツ。ハム、ソーセージ類は本当に美味い!

女性旅行者も何人か食べていました。是非、皆さんも次回ドイツに行ったら挑戦してみてください。

 

 

The post 屋台でがぶつきたい隠れグルメランチ大国ドイツ first appeared on MyEdition | 旅に恋する女性のためのスタイルメディア.

オリジナルサイトで読む

内容が似ている記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示