1. HOME
  2. ヨーロッパ
  3. スペイン
  4. グラナダのストリートアート グラフィティ
スペイン

グラナダのストリートアート グラフィティ

スペイン

スペインは、キリスト教徒の国で、今でも日曜日に閉まるお店が多いです。

そんな時に楽しめる観光地。

それは、

グラフィティーツアー

いくつかのホステルまたは、小さな旅行会社などでが行っています。

ツアーに参加して、いろいろ説明を聞くのもいいですが、スペイン語がわからない!?!という人もいるでしょう。

ストリート・アートがたくさん見られる通りを紹介します。

それは、レアレホ地区にある、カジェ・モリノです。

街の中心にあるグランビア通りより徒歩10分くらいです。

アルハンブラ宮殿へ行くバスが通る道です。

この通りのを歩くと、あちこちにグラフィティーアートが描かれています。

カラースプレーだけで壁に描かれるものです。

 

これは、とても古い絵で、大昔、カジェ・モリノに路面電車が通っていた頃を思い出して描かれたものです。、

dscn3462

カジェ・モリノにあるホテルの横にある建物に描かれた考える人。

dscn3460

 

男性がロバをひきながら歩いている絵。

女の子が眠っているときに見ているゆめでしょうか。

dscn3456

そして、ピアノを弾く男性。グラナダは、絵や音楽など芸術を好む人が多いです。

dscn3455

アパートの1階の壁全体に描かれたアート。

今、角で工事が行われていて、シャボン玉を吹く女の子があまり見えないのが残念です。

dscn3453

妖精がお昼ねしているのでしょうか。

dscn3464

それに対してもう一人の妖精は、ちょっと不満気味?

dscn3465

日曜日、もしくは早朝だけ見られるアートがたくさんあります。

それは、お店のシャッターに描かれたグラフィティーアートです。

お店が閉まっているときにしか見られません。

これは、「オルミガ(蟻)」という名前のバルです。

dscn3458

そして、こちらは、パン屋さん

dscn3459

タトゥー屋さん

dscn3449

このお店は何でしょう?

dscn3451

ここは、獣医さんなのです。

お店によって、個性的なシャッターの絵が描かれているので、美術館のようなシャッター街なのです。

他にもたくさんあり、グラナダの街は、グラフィティーアートの宝庫なのです。

 

ところで、いくつかの絵に共通するものを見つけられましたか?

半円にギザギザが描かれたもの。

これは、同じアーティストのサインです。

エル・ニーニョ・デ・ラス・ピントゥラと言う名前のグラフィティのアーティストです。

グラナダ生まれで、昔から絵を描くのが好きで、小さい頃から、日本のアニメドラゴンボールを見ながら、その絵を描いていたそうです。 それから、自分独自のスタイルを生み出し、現在、いろいろな国へ行ってグラフィティ・アートを描いています。

最近では、他にも素晴らしいアーティスト達が生まれています。

是非、自分の目で、グラナダのストリート・アートを見て感じて下さい。

tt=グラナダのストリートアート グラフィティ@@@ ad=@@@ ll=:@@@ ct=11@@@ cr=26@@@ ig=https://www.tripuuu.com/article/wp-content/uploads/2016/10/DSCN3465.jpg@@@ tl=@@@ ul=https://www.tripuuu.com/article/?p=13342
tt=グラナダのストリートアート グラフィティ@@@ ig=https://www.tripuuu.com/article/wp-content/uploads/2016/10/DSCN3465.jpg@@@ ul=https://www.tripuuu.com/article/?p=13342