モルディブの首都 『マーレ島観光はガイド付きが安心!』

(大統領専用ジェティ)

こんにちは!
年越し前から雨が降っておらず、年明けも1度小雨が降っただけのモルディブ北部。他地区は時々悪天候になっているようですが、こちら北部はずーっと良いお天気です。逆に次の雨が来たときには大雨になるんじゃないか?と不安なこの頃です^^:

今回は首都マーレ島の観光についてです。

モルディブにお越しになる多くの方が、一度は首都マーレ島へ観光またお買い物に訪れると思います。特にお帰りの国際線が深夜便の場合、マーレ国際空港での待ち時間が長い時にはマーレ島観光などで楽しく待ち時間を過ごすのがおすすめ!(マーレ国際空港での待ち時間の過ごし方はコチラをご参考に!)

また、ローカルフードなどのお土産を買いたい方は、マーレ島へ行けばリーズナブルに購入することもできます。私自身も、帰国前にはマーレ島のスーパーでローカルフードを大量購入してますよ^^
そこで、「空港から近い小さな島だし、自分たちだけで行けるだろう」という方が多いと思いますが、ツアーガイドと一緒に行くのをお勧めします!

絶対ツアーガイドが必要というわけではないのですが、近年しつこい客引きの被害にあうお客様が急増しているそうで、そのような被害にあわないためにはガイドと一緒が安心です。
それでは、以下にツアーガイド手配やツアー内容についてご紹介いたします。

 

どうやってツアーガイドを予約する?

ご利用になった旅行会社、また宿泊したリゾートから予約することができます。通常無料で政府公認のガイドを手配してくれます。事前に予約をお願いしましょう。

 

ツアーガイドの料金はどのくらい?

IMG_9235

基本的にガイド料はチップ制になっています。というのも、ほとんどのガイドはマーレ島にあるお土産屋さんに属する人達で、ツアー中に所属するお土産屋さんへ案内するのです。要は、ツアー代としてそこでお金を使ってもらえばお店の利益になるということです。しかし、そこで絶対買わないといけないわけではありません。とりあえず行ってみて買わなくても大丈夫。買わなかった場合はチップをはずんであげてください。
気になるチップの目安は、、ローカル島旅行案内人S&Yツアーズさんによると、案内されたお土産屋さんで何か購入した場合は1人あたり10〜50米ドル。何も購入しなかった場合1人あたり30〜50米ドルだそうです。目安として参考にされてくださいね!

 

ツアー内容は?

IMG_9944
(マーレにあるお土産屋さん)

 

マーレ島にはいくつかの観光地があります。

大きなモスク、国立博物館、前大統領官邸、昔ながらのモスク、野菜・魚市場など。。なので、そのような観光地を案内し、ご希望であればカフェでの休憩、そしてお土産屋さんへとご案内するのが一般的のようです。

 

ガイド無しの時は客引に要注意!

もちろん、ガイド無しでマーレ島へ行くのは難しくありません。首都といえど小さな島なので。ただ、近年気をつけたいのが客引をするモルディブ人。先ほど申したように、ツアーガイドはお土産屋さんに所属しています。お客様がいない時はマーレ島内に待機して、お土産屋さんへ行くよう斡旋するひともいます。
そのお斡旋が強引だったり、お土産屋さんにて高額な料金でお土産を売られたりなど、、お客様が不快な思いをすることが多発しているそうです。。そのため、ガイド無しで行かないで!とは言いませんが、個人でマーレ島へ行く場合は、そのような被害へ合わないよう細心の注意を払ってください!(斡旋がしつこい場合はきっぱり断る。ついてくる場合は、スーパーやカフェに入って店員へ助けを求める。あまりに高額な場合は即決しないで、他の店と比較してみる。などが対策です!)

IMG_6892
一押しのツアーガイドをご紹介!

長々とツアーガイドのお話へお付き合い頂いたお礼に、Hitomi一押しのガイドをご紹介致します^^
先ほどちらっとご紹介した、ローカル島旅行案内人S&Yツアーズアンドトラベルさんはが手配するマーレ島ツアーガイドです。なぜお勧めするかというと、、

  • 日本語対応可のガイドさんがいる。
    モルディブ人でも日本語が話せるガイドさんを手配してくれます。日本語ができるというだけでもこころ強い!
  • ツアー内容がとっても良心的
    先ほど書いた一般的なツアー内容ではなく、お客様のご希望に合わせたツアーを組んでくれます。
    まず、マーレ島観光ではどんな見所があるか紹介し、ツアー内容にどのような選択肢があるのかを教えてくれます。例えば、ローカルフードを買いたければ地元スーパーへご案内。(通常のツアーガイドは、地元スーパーへ案内はしてくれないそうです。)希望しなければ、お土産屋さんへ連れて行かれることもありません。カフェに行く場合も、ローカルな雰囲気を味わいたければ、ローカル人しか入りづらいようなカフェへ連れていってくれます。マーレの魅力をより楽しんで頂けるツアーになるはず。
  • 固定の料金
    こちらのツアーはチップ制ではなく固定の料金があるので、いくら払うか心配する必要がありません。
    ツアー料金は、2〜3時間ツアー:お一人35米ドル(税込)。

S&Yトラベルアンドツアーズさんのマーレ島ツアーガイドご希望のお客様は、HPからご予約またお問い合わせをお願い致します。
マーレ島観光以外に、メインのローカル島旅行の手配もプロのS&Yトラベルさん。ローカル島旅行をご検討中の方もHPをチェックしてみてくださいね。

ベストシーズンのモルディブを安全に楽しくお楽しみください!

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hitomi

Hitomiモルディブ在住、ウォータースポーツセンター受付/ ブロガー

投稿者プロフィール

2009年よりモルディブ在住。学生時代にインターンシップでリゾート勤務後、モルディブの虜となり卒業後も戻ってきました。現在は現地夫と共にあるリゾートにてウォータースポーツセンターを経営。リゾート勤務の傍、リゾートやモルディブの情報を自身のブログにて発信し続けています! 【 HP 】 【 ブログ 】 【 facebook 】 【 twitter

この著者の最新の記事

関連記事

編集者のおすすめ

  1. ハワイでのお買物「Tシャツ」は別腹です。気に入ったら迷わず即買いが鉄則。なぜならハワイ限定、コラボも…
  2. オーストラリア特有の動物、コアラ、カンガルー、ウォンバットなどに至近距離で触れ合える【ワイルドライフ…
  3. 2017年夏休み!!家族で思いっきり楽しめる、ハワイのオプショナルツアー、アクティビティまとめです♪…
  4. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
  5. 台湾旅行で両親と宿泊したインペリアルホテル台北の周辺情報をお送りします。 客室や朝食は前回の記…

ピックアップ記事

  1. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
  2. ちょっとマニアックなお役立ち情報をぎゅぎゅっと集めてお送りしているシリーズ、「ハワイこれ知ってる??…
  3. カイルアに行きたい!できれば、ビーチもお買物も両方したい!! しかし!送迎のシャトルで行くと、…
  4. 来バリ島される、大人の男女子のみなさんになくてはならない物の1つが『ビンタンビール』 バリ島で…
  5. 以前にもご紹介したマレーシアのお土産の数々、その中でも特にお問い合わせが多いのが『なまこ石鹸』です!…
キャッシュパスポート

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…
Manepa Card

話題の記事

  1. スフレパンケーキのクリームポットでお馴染み、ワイキキのハワイアンモナークホテル1階に安いベーカリー&…
  2. ワイキキのど真ん中に、日本の家庭料理や定食をお手頃価格で提供してくれている、和食店『花の里』 場所…
  3. 最近インスタでも話題のロールアイス。皆さんはもう試されましたか? どうやらアラモアナショッピングセ…
  4. ハワイのお土産は、ハワイらしく! ハワイ産で、喜んでもらえて、むしろ自慢できるお土産を渡したい。 …
  5. 2017年4月27日、「ホノルル国際空港」が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」へと名称を改めました。…
  6. 2006年にベルギーで始まった「Dinner In The Sky」 クレーンに吊られて地上45m…
  7. タウンホールステーションから徒歩5分。Skyview Shopping Plazaに入っている『I-…
  8. ビールやワインの特産地と知られるオーストラリアならではの飲酒運転のルールがあります。 日本では飲酒…
  9. マレーシア随一の繁華街『チャンカットブキットビンタン(Changkat Bukit Bintang)…
  10. オーストラリアの大自然が生んだ『Papaw ointment(ポーポークリーム)』 解毒、消毒作用…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る