• 中国
  • 現地情報
MY EDITION

西洋の雰囲気残る租界地区を散歩

上海に暮らして5年目。

最近は、租界地区のお散歩をするのが大好きです。

租界地区とは、地下鉄10号線交通大学付近。

私の家からはタクシーで30元くらい。(1元約16円)

 

貴重な今週の週末は、早起きして少し早いランチを租界地区で友達と楽しみました。

このお店は、フランス人がオーナーさんのようで、アイスクリーム屋、ガレット屋、カフェ、コーヒーショップがあります。

入り口にはお花屋さんがあって、このお花屋さんは日本人が経営してて、週末だけ出店してるようです。

開放的な屋外ソファ席。これは突然の豪雨にはどうなることやら!って心配になりました。

 

「ここは中国なのか!?」って思うくらい、西洋人が多いお店で、さすがフランス人オーナーさん。こだわりのインテリアに囲まれてました。

お目当てのガレットを堪能。80元(1元約16円)

6月中の少し風を感じれた土曜日。

きっと外ランチはこの週末で限界かな。って思いながらゆっくりおしゃべりしながらランチを楽しみました。

 

そしてランチ後はかなり行列の出来てるアイスクリーム屋さんへ。

100人くらい並んでるのでは…?

20元(1元約16円)のこのアイスクリームは、中で店員さんがコーンを作ってました。

私の食べた塩キャラメル。濃厚で美味しかったです!

上海でハーゲンダッツのアイスクリームを食べたら同じくらいの大きさで30元くらいするので、このお店の20元はとってもリーズナブルです!

行列が出来る意味が分かりました。

アイスクリーム屋:WIYF 上海市武康路202号

 

このフランス人オーナーさんは近くにパン屋さんも持ってるようで、見に行ったらそこもすごい人でした!

混雑するお店には早起きして行かなくては!

次はパン屋さんに行きたいです!

The post 西洋の雰囲気残る租界地区を散歩 first appeared on MyEdition | 旅に恋する女性のためのスタイルメディア.

オリジナルサイトで読む

内容が似ている記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示