1. HOME
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. ビール、ワインの名産地オーストラリアでは飲酒運転がオッケーって本当?
オーストラリア

ビール、ワインの名産地オーストラリアでは飲酒運転がオッケーって本当?

ビールやワインの特産地と知られるオーストラリアならではの飲酒運転のルールがあります。
日本では飲酒運転は厳しく取り締まられていますが、オーストラリアではほろ酔い程度であれば法律で罰せられることはありません。

今回は日本ではありえないオーストラリアの飲酒運転の規定についてご紹介します。
まず基本ルールは日本と同じく血中アルコール濃度の数値により決まります。オーストラリアは血中アルコール濃度は0.05%までは飲酒運転の規定外となり罰則はありません。

1時間にビールを1本ほどの飲酒なら問題ない、と筆者の周りのオーストラリア人は考えているようですが、同じ量を飲んだとしても個人の体調や体質、体形によってアルコールの影響は異なります。

少量しか飲んでいなくても血中アルコール濃度が0.05%以上になれば厳しい罰則が課せられるので、運転の必要があるときはバスや電車などの公共交通機関、タクシー、Uberの利用を強くお勧めします。

 

RBT(ランダム・ブレス・テスティング)

オーストラリアでも主に金曜日、土曜日の夜、日曜日の朝飲酒運転の呼気検査があります。警察官の指示に従い、免許証を提示、呼気検査、検査に引っかかると、血中アルコール濃度のチェックという流れとなります。

 

 

tt=ビール、ワインの名産地オーストラリアでは飲酒運転がオッケーって本当?@@@ ad=@@@ ll=:@@@ ct=11@@@ cr=5@@@ ig=https://www.tripuuu.com/article/wp-content/uploads/2017/04/beer3-e1492095347765.jpg@@@ tl=@@@ ul=https://www.tripuuu.com/article/?p=17322
tt=ビール、ワインの名産地オーストラリアでは飲酒運転がオッケーって本当?@@@ ig=https://www.tripuuu.com/article/wp-content/uploads/2017/04/beer3-e1492095347765.jpg@@@ ul=https://www.tripuuu.com/article/?p=17322