1. HOME
  2. ヨーロッパ
  3. スペイン
  4. サラマンカのマヨール広場と有名な『ピンチョ』
スペイン

サラマンカのマヨール広場と有名な『ピンチョ』

スペイン

サラマンカの友達と、サラマンカのマヨール広場で待ち合わせをしました。サラマンカの人たちにとって、広場にある市庁舎の時計の下が、待ち合わせ場所らしいです。たくさんの人がスマホを片手に待っているのをみかけました。

クリスマスの飾りが中央に飾られていました。

マドリッドのマヨール広場に似た作りでした。違う点は、マドリッドのマヨール広場では、クリスマスマーケットが開かれていますが、ここでは、クリスマスの飾りのみでシンプルですね。

 

そして、マドリッド同様、各レストランのテラス席がたくさん並んでいました。

マヨール広場には、レストランだけでなく、お店やツーリストインフォメーションセンターもありました。

dscn3798

太陽の光の中、冬でも暖かく、開放的なカフェテレス。

カフェしたり、ランチしたり。

dscn3802

夜は、イルミネーションが点灯してとても素敵な景色でした。

dscn3817

友達が連れて行ってくれた、マヨール広場にあるお勧めのレストラン .

meson cervantesdscn3818

サラマンカは、ピンチョが有名。パンの上にいろいろなものをのせて、串でさしたもの。

dscn3819

カウンターには、たくさんの料理が並べられていました。なくなるとすぐ別の料理が並べられます。

dscn3822

みんな美味しそうで、選ぶのに大変です。

そして、サラマンカで有名なのが、トルティージャ・レジェナ(スペインオムレツに、魚介類や生ハムや肉類など、色々なものをはさんだり、トッピングしたもの)dscn3824

一見ケーキのようにデコレーションされています。

dscn3825

私は、モルシージャ(内臓のソーセージ)とだまねぎの甘露煮入り卵焼きに、ベーコンをのせたものを選びました。

サラマンカのモルシージャは、ちょっとピリッとしていて美味しかったです。

dscn3821

ランチや、夕飯でもピンチョは食べられますが、なんと朝ごはんにも、コーヒーと一緒にピンチョが食べられます。

サラマンカの人は、朝、昼、晩とピンチョを食べるそうです。種類が豊富ですから、飽きないのでしょう。

住所  Plaza Mayor, 15 · 37001 · Salamanca (España)
電話番号  34 923 217213
営業時間 早朝から夜中まで、午後休憩なし
定休日  不定

保存

tt=サラマンカのマヨール広場と有名な『ピンチョ』@@@ ad=@@@ ll=:@@@ ct=11@@@ cr=26@@@ ig=https://www.tripuuu.com/article/wp-content/uploads/2017/01/DSCN3791.jpg@@@ tl=@@@ ul=https://www.tripuuu.com/article/?p=15327
tt=サラマンカのマヨール広場と有名な『ピンチョ』@@@ ig=https://www.tripuuu.com/article/wp-content/uploads/2017/01/DSCN3791.jpg@@@ ul=https://www.tripuuu.com/article/?p=15327