【タイ・バンコク】観光客人気ナンバーワン都市に選ばれる5つのワケ

 

みなさま、はじめまして。

バンコク在住のトラベルブロガーMAYAと申します。

旅行の度に滞在を振り返るブログを書いており、その結果、いつの間にか旅行やホテルのレビューをするのがライフワークになってしまいました。2015年は合計14回旅行しました。子供を連れて、家族みんなで楽しむ旅行も好きですし、夫婦だけで大人のラグジュアリーステイをするのも大好きです。

今後、タイ・バンコクの情報や海外旅行にまつわるいろいろな記事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

バンコク、なぜ人気なの?

2

出典:「溜息モノ!憧れのマンダリンオリエンタルバンコク」

 

私の住むバンコクは世界中から観光客が集まる人気都市です。2015年のオンライン旅行検索サイト「スカイスキャナー」では日本人の夏休み人気旅行先としてナンバーワンに選ばれています。しかも3年連続なのだそう。

「2015年夏休み人気旅行先トップ10」発表!1位はバンコク、国内では沖縄が6位に。オンライン旅行検索サイト「スカイスキャナー」は、同サイトにおいて、7~8月を出発日として日本人に最も多く検索された都市を「2015年夏休み人気旅行先トップ10」として発表した。http://news.4travel.jp/8635/

観光客として数年バンコクに通い、移住した後もバンコクという都市をずっと見て考えてきました。この記事では、私なりの分析と周囲の人々からのコメントを集大成してみることにします。

ずばり、その人気の秘密は・・・

 

1.抜群のコストパフォーマンス

6

出典:「日本人駐妻御用達!エンポリアムデパートでお買い物」

 

世界中に魅力的な都市がある中で、「それでもバンコクがいいよね!」という決断になる大きな理由の一つが、コスパ(コストパフォーマンス:費用対効果)の良さです。他の都市と比較して圧倒的に優れたコスパ。これは特筆すべきことです。

アジア近隣諸国と比較しても、タイのコスパは最高レベル!(例えば物価が高すぎるシンガポールはその反対になります。もちろん、シンガポールにはシンガポールの良さがあり、コストに見合うクオリティがついてくるという見方はあるのですが、シンガポール在住者の知り合いと話しても、バンコクのコスパの良さは称賛されますのでホントだと思います。)

そして、次に挙げる理由たちが追加されると・・・これがバンコク=最強になる理由ではないでしょうか?

 

2.バラエティ豊かでインターナショナル。レストラン・ホテル・ショッピング施設のレベルの高さ

4

出典:タイ料理レストラン「シェラトンロイヤルオーキッドホテル」

どれほどコスパが良くても、ただ安いというだけで、滞在を楽しむ選択肢の少ない国・都市は観光目的地としては選ばれにくいのが事実。バンコクの場合、オシャレなレストラン・バーや憧れのホテルも多く、先進国顔負けのレベルが高い施設やサービスが盛りだくさんなのです。バンコクを愛す世界中のセレブたちがたくさんいるというのも頷けます。

ショッピングも年中セールといっても過言ではないほどの出血サービスぶりですし、子連れ、カップル、1人旅でも、老若男女が楽しめるバラエティ豊かな都市なのです!

 

3.その国らしさ、文化を感じるスポット多し

1

出典:「煌びやか!絶対訪れたいエメラルド寺院」

 

また観光地という意味でも国の文化を肌で感じることのできるのがバンコク。タイ料理、寺院めぐり、タイマッサージ、ムエタイ、象乗り、などなど「タイらしさ」を満喫できる体験を堪能できるから、旅の思い出がぐっと深まるのです。

タイは世界大戦中も植民地になることなく独立国を貫いてきたこともあり、アジアの中でも「文化が濃い国」。昔ながらの屋台メシや古い街並みと現代的な大都市が同居している・・・これもバンコクらしさなのです。

 

4.タイ人のホスピタリティと親しみやすさ

旅を特別に素敵な思い出にしてくれるのは、やっぱり「人とのつながり」。どんなに素晴らしい都市であっても、滞在を台無しにしてしまうのが現地の人との残念なやり取りです。タイ人は世界的に見てもホスピタリティ力が高く、訪れる人々をおもてなす心を持っています。マイペンライ(日本語で「大丈夫、問題ない」の意)の精神はおおらかで、相手を認めて許す文化。

そんなタイの人々を見ていると「日本人も、もっと心の余裕を持ちたいなぁ」と考えさせられてしまうほど。少数の例外はありますが、タイが「微笑みの国」と呼ばれる理由は人々の優しさにあるのです。

 

5.国内ビーチへのアクセスが1時間

7

出典:「クラビの海はエメラルドグリーンでした!」

 

最後にバンコクをさらに魅力都市にするワケがこちら。バンコクから国内ビーチへの飛行距離は「1時間のみ」なんです。これはビーチも同時に楽しみたい観光客にとってかなり魅力的。例えば、プーケット島、クラビ、サムイ島なども全て1時間で到着可。

一つの旅行で①バンコクというアジア国際都市を満喫し、②美しい青い海に囲まれたビーチに繰り出しリゾートライフを堪能出来てしまう・・・これぞタイを200%楽しむトリップ!と言っても過言ではないでしょう。

私自身もバンコクを訪れる友人たちには「少し足を延ばして、ビーチに寄って行ってね!」と必ずお願いしています。

 

いかがでしたでしょうか?

今回はバンコクが人気都市である5つのワケをご紹介しました。そして、ここに住んでしまうと「バンコクに住み続けたいワケ」がさらに追加されるんですよね。

その理由についてはまた次回書いてみたいと思います。それでは、また。

MAYA@バンコク

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
tt=【タイ・バンコク】観光客人気ナンバーワン都市に選ばれる5つのワケ@@@ ad=@@@ ll=:@@@ ct=11@@@ cr=24@@@ ig=https://www.tripuuu.com/wp-content/uploads/2016/02/1.jpg@@@ tl=@@@ ul=https://www.tripuuu.com/?p=1662
tt=【タイ・バンコク】観光客人気ナンバーワン都市に選ばれる5つのワケ@@@ ig=https://www.tripuuu.com/wp-content/uploads/2016/02/1.jpg@@@ ul=https://www.tripuuu.com/?p=1662
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MAYA

MAYAラグジュアリー旅ブロガー

投稿者プロフィール

バンコク在住。2010-2016年までの7年間で77回の家族旅行へ出かける。
2020年までにタイのラグジュアリービーチリゾート制覇、子連れ旅100回達成を目指している。バンコクのホテル訪問、美味しいレストラン、カフェ、美容スポット開拓が趣味。
ブログ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『ハワイでパーティ!』なら、有吉の夏休み2018でも紹介された、TR ファイヤーグリルの結婚式の二次…
  2. こんにちは!海外ブロガーのまぃまぃです。 ロンドンに来たらぜひとも行っていただきたいお勧めのパ…
  3. 本当は秘密にしたい、ハワイ・ホノルルの大人の隠れ家バー6店をご紹介! ここ数年のハワイは、ホテ…
  4. ハワイのホテルはプールで決める!というプール重視派のあなたに、今回はワイキキにあるホテルのプールをジ…
  5. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…

編集者のおすすめ

  1. ハワイの人気イタリアン『アペティート・クラフト&ワインバー』は、昨年オープンしたばかりにも関わらず2…
  2. ハワイの高級スパ、アバサ・スパの姉妹店でシェラトンワイキキ内にある『スパ・カカラ』の魅力、行き方など…
  3. 『ハワイでパーティ!』なら、有吉の夏休み2018でも紹介された、TR ファイヤーグリルの結婚式の二次…
  4. ワイキキのランドマーク的存在の『Tギャラリア ハワイ by DFS』の2階にあるハワイ最大級ビューテ…
  5. 芸能人もハワイ通リピーターにも人気の『ソラボル・コリアン・レストラン』 お店はアラモアナセンターか…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. ワード・カカアコエリアの新スポット「オハナ・ハレ・マーケットプレイス」内にある、ハワイの天然素材を使…
  2. 昨年秋にアラモアナセンター3Fにオープンしたばかりの『アロハコンフェクショナリー』 インスタ映えの…
  3. ハワイの「ルアウ」ってご存知ですか? ルアウとはハワイ語で『宴』を意味しておりハワイの伝統的なショ…
  4. 今年もハワイで12月9日(日)に開催されるホノルルマラソン。このマラソンに参加する方必見のオススメマ…
  5. ハワイのグルメなローカルが絶賛する『フォルマジオ・ワインバー』 ホノルルのマーケットシティにあ…
  6. ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に日本でも大人気のおうどん屋さん『つるとんたん…
  7. ハワイのアラモアナセンター内にある高級デパート、ニーマン・マーカスの直営レストラン『マリポサ/Mar…
  8. アラモアナセンターは誰もが滞在中に一回は訪れる場所!広大な敷地にたくさんのお店が入っていて、見所満載…
  9. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  10. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る