意外と簡単!?『バンクーバー交通機関の使い方』

こんにちは!バンクーバー在住のmicaです。
数日前まで雨や曇り空が多く肌寒かったのですが、本日はとってもいい秋晴れ。気分もルンルンです:)しかし、ただいま正午の気温は12度。半袖で歩いているカナディアンもいますが、上着が必須かと思われます。

海外旅行に行ったときに不安になることの一つといえば交通機関の使い方ではないでしょうか。

mica自身、出来れば歩きたいと思うほど苦手なのですが、バンクーバーの公共交通機関はそんなmicaでもすんなりと馴染めたシンプルなシステムです。
今回は主にバンクーバーのダウンタウンを中心に、ノースバンクーバーや空港、バーナビー、サーレーなど、旅行者の方が行かれるであろう範囲を網羅している交通機関についてご案内します。

旅行者の方が一番使われるであろう、スカイトレイン、バス、シーバスはゾーン制です。スカイトレインは1~3ゾーン、シーバスは2~3ゾーン、バスは統一で1ゾーン扱いで料金は一律です。スカイトレイン、バス、シーバスは互換性があるので、90分以内の移動で目的地に応じた料金を支払ったチケットをもっていれば何回でも乗り放題です:) ちなみに土日祝日は一律1ゾーン、午後6時30分以降も一律1ゾーンになります。

乗り方

さて、スカイトレインに乗るにはこの販売機でチケットを買います。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2-7

日本のように大量にボタンがあるわけではないので簡単です。旅行者の方がよく使うと思われる1ゾーンは$2.75。
コンパスカードというプリペイドのカードを買うと1ゾーンは$2.10になりますので、滞在期間中にどれくらい電車やバスに乗るかを考えて、どちらかを買ってみてもいいかもしれません。
ちなみに、気が変わって「やっぱりバスに乗りたいな」となっても、この販売機で買ったチケットは使えます。コンパスカードはそういうことを考えなくてもいいのでその点はらくちんです:)

%e5%86%99%e7%9c%9f-1-7

スカイトレインに乗る場合はこちらの自動改札でチケットをタップします。
日本の自動改札と同じです:) バスは乗車時に料金箱近くに設置されているパネルにタップするだけ。降車時はタップする必要はありません。
チケットを持たずにバスに乗る場合は、乗車時に料金箱に$2.75を入れるとチケットが発見されます:)

%e5%86%99%e7%9c%9f-3-7

バス停にはこうして、止まるバスの番号が書いてあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f-4-5

時刻表があるところや「到着まであと何分」と表示する電光掲示板がついているところが多いですが、時間通りに来ないことが多々あります…笑 気長に待ちましょう :) バスを降車するときは車内に設置されているボタンか、窓際に張り巡らされた紐を引っ張ります。降りたいバス停の直前に引っ張ると、通り過ぎてしまうことがあるので(´・ω・`)、自分が降りたいバス停の前のバス停の名前も覚えておくといいです。前のバス停が過ぎた瞬間に降車ボタンを押すとちょうどいいです笑

こちらではお年寄りやお子さん連れなどが乗車してきたら進んで席を立って譲るのが普通です:) 私はバンクーバーのそんなところが大好きなのですが、もし乗車中にそういうことがありましたら、是非譲ってあげてくださいね。

 

簡単ですが、バンクーバーの公共交通機関の使い方紹介でした!

 

保存

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
tt=意外と簡単!?『バンクーバー交通機関の使い方』@@@ ad=@@@ ll=:@@@ ct=11@@@ cr=6@@@ ig=https://www.tripuuu.com/wp-content/uploads/2016/09/写真-3-7.jpg@@@ tl=@@@ ul=https://www.tripuuu.com/?p=12696
tt=意外と簡単!?『バンクーバー交通機関の使い方』@@@ ig=https://www.tripuuu.com/wp-content/uploads/2016/09/写真-3-7.jpg@@@ ul=https://www.tripuuu.com/?p=12696
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mica

micaバンクーバー在住、海外ブロガー

投稿者プロフィール

1983年生まれ。2011年にカナダのバンクーバーにワーホリで渡加。
ヨガ、アウトドア全般、カフェ巡り、食べ歩きが好き。
マイペースですが皆様のお役に立てることを発信していけたらいいなと思っています。
ブログ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『ハワイでパーティ!』なら、有吉の夏休み2018でも紹介された、TR ファイヤーグリルの結婚式の二次…
  2. こんにちは!海外ブロガーのまぃまぃです。 ロンドンに来たらぜひとも行っていただきたいお勧めのパ…
  3. 本当は秘密にしたい、ハワイ・ホノルルの大人の隠れ家バー6店をご紹介! ここ数年のハワイは、ホテ…
  4. ハワイのホテルはプールで決める!というプール重視派のあなたに、今回はワイキキにあるホテルのプールをジ…
  5. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…

編集者のおすすめ

  1. ワイキキ中心地にそびえるロイヤルハワイアンセンターB館3階にリニューアルオープンした『道楽寿司』 …
  2. ワイキキのワイキキ・サンド・ビラホテル内の話題スパ『ラ・ベラ・ワインバー&スパ』 お店の名前の…
  3. ハワイの人気イタリアン『アペティート・クラフト&ワインバー』は、昨年オープンしたばかりにも関わらず2…
  4. ハワイの高級スパ、アバサ・スパの姉妹店でシェラトンワイキキ内にある『スパ・カカラ』の魅力、行き方など…
  5. 『ハワイでパーティ!』なら、有吉の夏休み2018でも紹介された、TR ファイヤーグリルの結婚式の二次…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. ワード・カカアコエリアの新スポット「オハナ・ハレ・マーケットプレイス」内にある、ハワイの天然素材を使…
  2. 昨年秋にアラモアナセンター3Fにオープンしたばかりの『アロハコンフェクショナリー』 インスタ映えの…
  3. ハワイの「ルアウ」ってご存知ですか? ルアウとはハワイ語で『宴』を意味しておりハワイの伝統的なショ…
  4. 今年もハワイで12月9日(日)に開催されるホノルルマラソン。このマラソンに参加する方必見のオススメマ…
  5. ハワイのグルメなローカルが絶賛する『フォルマジオ・ワインバー』 ホノルルのマーケットシティにあ…
  6. ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に日本でも大人気のおうどん屋さん『つるとんたん…
  7. ハワイのアラモアナセンター内にある高級デパート、ニーマン・マーカスの直営レストラン『マリポサ/Mar…
  8. アラモアナセンターは誰もが滞在中に一回は訪れる場所!広大な敷地にたくさんのお店が入っていて、見所満載…
  9. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  10. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る