【オーストラリア・ドローン事情】ドローンの規制と必須アプリを紹介します

近年、小型化、低価格化、高性能化がすすみ、ドローンを海外で飛ばして空撮をする観光客が増加傾向にあります。オーストラリアでは2016年にドローンに対する規制が緩和され、日本に比べて気軽にドローンを飛ばすことができるようになりました。

今回はオーストラリアの広大な風景をドローンで撮影してみたい!という方のために、ドローンの規制と注意点をお伝えします。

 

オーストラリアのドローン規制

ドローンの規制はCivil Aviation safety Authorityというオーストラリア政府が司っています。

●Civil Aviation safety Authority、ドローンの規制についての解説
https://www.casa.gov.au/aircraft/landing-page/flying-drones-australia

 

簡単にこのページを訳してみますと、

1.夜の飛行はだめ
2.視界がさえぎられる霧や曇りの日はだめ
3.飛行中は自身の目でドローンが見えていなければだめ
4.車、ボート、ビル、人から30メートル以上は離れなければだめ
5.人口が多い場所はだめ(ビーチ、人が多い公園、スポーツ施設)
6.地上から120メートル以上は飛んではだめ
7.ヘリコプターや飛行機が着陸する場所から少なくとも5.5キロメートルは 離れなければならない
8.規制区域での撮影は許可を得なければならない (公的なイベント時や軍事施設の近くなど)

 

●こちらのページではわかりやすく動画でも解説しています。
https://www.rpastraining.com.au/casr-101-uav-drone-legal-or-illegal

 

ドローンを飛ばしたい人の必須アプリ

ドローンの規制を制定しているCivil Aviation safety Authorityが、ドローン使用者のために、「飛ばしていい地域なのか」が一目でわかる「Can I fly there」(そこで飛ばせる?)という無料アプリをリリースしました。

オーストラリアでドローンを飛ばすことを計画している方はアプリをダウンロードしておくと便利です。

Civil Aviation safety Authorityのアプリダウンロードページ
https://www.casa.gov.au/droneapp

画面下のこちらのマークからダウンローができます。

 

ドローンを飛行機に持ち込むときの注意点

ドローンは預け入れ荷物、機内持込み荷物、どちらでも問題ありません。

ただし、ドローンのバッテリー(リチウムイオンバッテリー)は危険物とみなされるので、預け入れ荷物の中に入れることはできません。必ず機内持ち込み荷物として運んでください。

 

最後に

上記の規制は執筆時当時(2017年10月)のものなので、ドローンを飛ばす際は最新の規制を確認してから、各自の責任で飛ばしてください。

 

 

保存

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ふくちゃん

ふくちゃんオーストラリア、シドニー在住

投稿者プロフィール

静岡県出身。2001年7月、英語がまったく話せない状態で、若気の至りでオーストラリアに移住。これから旅行される方、留学やお仕事、移住でシドニーいらっしゃる皆さんにお役に立てる情報を発信していきたいと思います。
ブログ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…
  2. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  3. 最近、注目され続けているマヌカハニー。 抗菌活性力がとても強いので、1日数回、舐めただけで腸の…
  4. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
  5. ちょっとマニアックなお役立ち情報をぎゅぎゅっと集めてお送りしているシリーズ、「ハワイこれ知ってる??…
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

編集者のおすすめ

  1. ハワイに行くなら、格安航空会社LCCの『scoot(スクート)』はアリ!それが今回の結論です。 な…
  2. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…
  3. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  4. 2017年12月15日に1店舗目のオープンから無事6周年を迎えた子どもの遊び場『Jkids Mala…
  5. 自分で焼けるステーキが人気だったレストラン『ショアバード』の閉店ニュースが残念だったあなたに朗報です…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  2. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …
  3. 行列のできるアイス屋さん『ヴィアジェラート』がカウカウに登場! 夜9時でも行列ができる超人気のカイ…
  4. ”VR -Virtual Reality- (仮想現実)”ではなく”AR -Augmented Re…
  5. ハワイ・ワイキキにある『TR FIRE GRILL』 オープン以来ガンガン進化をし続けていてそ…
  6. ハワイで最大級の人気テーマパーク、というえばまず名前があかる『ポリネシアン・カルチャー・センター』 …
  7. 今回は、ガーリックシュリンプの『ジョバンニ』を始め、フードトラックが集まる「ハレイワタウンフードコー…
  8. 大人気の熟成肉や、ポーターハウスの先にあるステーキ肉の新しいトレンド「トマホーク」はもう食べましたか…
  9. 8月4日(金)、アラモアナセンターにグランドオープンした、エンターテイメント施設『ラッキーストライク…
  10. 行列のできるパンケーキで有名なハワイのお店と言えば。。『エッグスン・シングス』!! やっぱりハ…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る