• オーストラリア
  • カフェ・スイーツ
tripuuu

【オーストラリアのカフェ事情】基本のコーヒーの種類と注文方法のおさらい

おしゃれなカフェが街のあちこちにあるオーストラリア。スターバックスのようなチェーン店よりも個人経営のこだわりのあるカフェが多く、コーヒーを淹れる専門職であるバリスタがおいしいコーヒーを出してくれます。物価高のオーストラリアですが、コーヒーのお値段は1杯4ドル前後とリーズナブル。

 

気になるカフェを見つけたら気軽に入ってみましょう。どの店でもお持ち帰りができるのでコーヒー片手に街を散策してみてはいかがでしょうか?観光中の一休みにもぜひカフェを利用してみてくださいね。中東、韓国、日本、様々な国のスタイルのカフェが楽しめるのも多民族国家のオーストラリアならでは。

 

オーストラリアのカフェはイタリアのコーヒー文化の影響を強く受けており、日本の喫茶店ではなじみの薄いコーヒーのメニューがあり、メニューをみて戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回はオーストラリアのカフェ初心者さんに向けて、オーストラリアのカフェの基本情報についてお伝えしたいと思います。

 

なぜイタリアのコーヒー文化がオーストラリアに?

イギリスの文化圏であるオーストラリアですので、もともとは紅茶文化が一般的でした。しかし、イタリアからの移民が増加するとともに、イタリア風のエスプレッソ系のコーヒー文化がもたらされました。80年代後半からイタリア系移民たちがぞくぞくとカフェをオープンし、オーストラリアのカフェはイタリアのコーヒーを提供するのが一般的となりました。

 

オーストラリアの主なコーヒーの種類

(出典:http://www.livingincairns.com.au/whatsnew/column/mihoeliot_australia/)

アメリカや日本ではコーヒーの抽出はドリップ式、オーストラリアはエスプレッソ式です。オーストラリアのカフェでは日本ではメジャーなブレンドやアメリカンといったコーヒーはほとんどありません。そのかわりに、カフェラテ、カプチーノ、マキアート、ロングブラックなどのコーヒーが主流となっています。

【エスプレッソ】

コーヒー豆をエスプレッソマシーンで圧力をかけ、お湯をコーヒーに通し抽出したもの。ショートブラックとも呼ばれます。

【カプチーノ】

エスプレッソコーヒーに蒸気で温めたミルクを加え、さらに泡立てたミルクをトッピングしたコーヒー。異なるミルクの舌触りが人気の秘密。

【カフェラテ】

エスプレッソコーヒーに蒸気で温めたミルク、クリーミーに泡立てられたミルクをたっぷり加えたイタリア生まれのコーヒー。(カフェオレはフランス語)

【フラットホワイト】

エスプレッソコーヒーに蒸気で温めたミルクを加えたもの。カフェラテと内容は同じですが、泡立てミルクが控えめ。

【マキアート】

エスプレッソコーヒーに少量のミルクを入れたコーヒー。マキアートはイタリア語で「シミ」の意。コーヒー表面に浮かぶミルクがシミのように見えることから名づけられたそうです。

【カフェモカ】

エスプレッソコーヒーにチョコレートシロップとミルクを蒸気で温めたものを加えたコーヒー。コーヒーの中に、ココアの風味をあわせ持つ甘いコーヒーです。

【ロングブラック】

お湯を注いたカップにエスプレッソコーヒーを加えたもの。ミルクはクリームは加えないので、日本でいうブラックコーヒーやアメリカンコーヒーに近い。

 

注文方法は?

ほとんどのお店はS,M,Lとカップのサイズがあるので、注文したいコーヒー名とサイズを伝えてください。

Can I have a small cafe latte please? (カフェラテをください)

日本のようにS,M,Lでは通じにくいので、「Small」「Medium」「Large」と言ってくださいね。

 

また、コーヒーや食べ物を持ち帰りたいときは、「Take away」が一般的。(take outはアメリカ英語なのでオーストラリアではあまり使われません)

Can I have ●●● for take away? と注文すれば、●●●をお持ち帰りします、という意味になります。

 

注文時にお店のスタッフが、

「Have here or take way?」[店内で食べますか?持ち帰りですか?)と聞いてくることがあります。店内で飲食する場合は「Have here」、持ち帰りの場合は「Take away」と答えましょう。

 

【シドニーのカフェ・関連記事】

繊細なラテアートにうっとり♥ シドニー・セントラル駅徒歩5秒のカフェ【MEZBAH Central】

世界中で大人気のチョコレート専門カフェ【Max Brenner】をオーストラリアで!

【シドニー・ワールドスクエア】お買い物中のコーヒータイム、お食事に!『Nosh Cafe & Restaurant』

シドニーのカフェでのんびりコーヒータイム。【街中のカフェ3店をご紹介!!】

 

保存

保存

名前【オーストラリアのカフェ事情】基本のコーヒーの種類と注文方法のおさらい
オリジナルサイトで読む

内容が似ている記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示