• オーストラリア
  • 便利・トラベルグッズ
tripuuu

【オーストラリア・ドローン事情】ドローンの規制と必須アプリを紹介します

近年、小型化、低価格化、高性能化がすすみ、ドローンを海外で飛ばして空撮をする観光客が増加傾向にあります。オーストラリアでは2016年にドローンに対する規制が緩和され、日本に比べて気軽にドローンを飛ばすことができるようになりました。

今回はオーストラリアの広大な風景をドローンで撮影してみたい!という方のために、ドローンの規制と注意点をお伝えします。

 

オーストラリアのドローン規制

ドローンの規制はCivil Aviation safety Authorityというオーストラリア政府が司っています。

●Civil Aviation safety Authority、ドローンの規制についての解説
https://www.casa.gov.au/aircraft/landing-page/flying-drones-australia

 

簡単にこのページを訳してみますと、

1.夜の飛行はだめ
2.視界がさえぎられる霧や曇りの日はだめ
3.飛行中は自身の目でドローンが見えていなければだめ
4.車、ボート、ビル、人から30メートル以上は離れなければだめ
5.人口が多い場所はだめ(ビーチ、人が多い公園、スポーツ施設)
6.地上から120メートル以上は飛んではだめ
7.ヘリコプターや飛行機が着陸する場所から少なくとも5.5キロメートルは 離れなければならない
8.規制区域での撮影は許可を得なければならない (公的なイベント時や軍事施設の近くなど)

 

●こちらのページではわかりやすく動画でも解説しています。
https://www.rpastraining.com.au/casr-101-uav-drone-legal-or-illegal

 

ドローンを飛ばしたい人の必須アプリ

ドローンの規制を制定しているCivil Aviation safety Authorityが、ドローン使用者のために、「飛ばしていい地域なのか」が一目でわかる「Can I fly there」(そこで飛ばせる?)という無料アプリをリリースしました。

オーストラリアでドローンを飛ばすことを計画している方はアプリをダウンロードしておくと便利です。

Civil Aviation safety Authorityのアプリダウンロードページ
https://www.casa.gov.au/droneapp

画面下のこちらのマークからダウンローができます。

 

ドローンを飛行機に持ち込むときの注意点

ドローンは預け入れ荷物、機内持込み荷物、どちらでも問題ありません。

ただし、ドローンのバッテリー(リチウムイオンバッテリー)は危険物とみなされるので、預け入れ荷物の中に入れることはできません。必ず機内持ち込み荷物として運んでください。

 

最後に

上記の規制は執筆時当時(2017年10月)のものなので、ドローンを飛ばす際は最新の規制を確認してから、各自の責任で飛ばしてください。

 

 

保存

名前【オーストラリア・ドローン事情】ドローンの規制と必須アプリを紹介します
オリジナルサイトで読む

内容が似ている記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示