トロント中心地の大火災から112年目の春

カナダの首都は?

と聞かれて、すぐに

オタワ!

と答えられる人は、相当なカナダ通です。

それでは、オンタリオ州の州都は?

と問われ、やはり

オタワ!と答える人は、まあ普通の人です。

実は、オンタリオ州の州都は、トロントなんです。(え!知ってました? でも、そのお話はまた別の機会に)

 

1834年3月6日にトロント市となって、今年で182年。今では、カナダの産業の中心で、特にトロント証券市場がある北のウォールストリートと言われる金融街ベイストリートがその中心となっています。

ベイストリートを中心としたダウンタウンコア(東はヤング、西はユニバーシティ、北はダンダス、南はフロントに囲まれる地域)には、銀行、証券、保険、商社、法律事務所、監査法人などカナダを代表する企業の本社があり、また各国の(総)領事館、政府機関、商工会議所なども、集中しています。

日本の企業では、3大メガバンク、三井、三菱、住友といった商社、3大損保などが事務所を構え、総領事館、ジェトロ、日本政府観光局などもあります。

 

今では、超高層ビルが立ち並ぶトロントのダウンタウンコアですが、トロント市となってからちょうど70年後の1904年4月19日、大火災が起きて、ダウンタウンコアはほぼ全焼したことがあります。

Toronto Sketches10 Mike Filey著 ”The Way We Were” より

 

1904年4月19日 午後8時を少し過ぎたころ、ダウンタウンコアのウェリントンとヨークストリートの角にあった、E&S Currie Companyビルに残っていた燃えやすい材料から出火(出火の原因は不明)

その火は、すぐ隣に置いてあった、翌日使われる予定だった男性用ネクタイ生地に燃え移りました。不幸にして、その日はスタッフが早く帰宅しており、小さなボヤはアッという間に燃え広がることに。そして、急激に上がった熱は炎となり窓を破り、数秒のうちに隣のビルに燃え広がったと思われます。

さらに悪いことに、その夜は冷たい北西の風が強く、その風に後押しされ鵜ように、火はどんどん広がっていきました。

火事に気付いた警官が警鐘を鳴らし、消防隊が出動、数分のうちに現場に到着しましたが、すでに燃え広がっている状態で手が付けられず。結局、翌朝まで燃え続けたそうです。

記録によれば、消火にあたった消防士は200名以上、さらに大火災の連絡を受けた周辺の街からも消防士が駆けつけました。遠くは、アメリカ、ナイアガラの向こう、バッファローの消防署から特別列車で消防士数名と蒸気ポンプ2台が送り込まれたとのこと。(ありがたいことですね)

 

しかし、懸命な消火活動にも拘わらず、結局、夜中の間に、ビル・家屋100棟以上が消失し、220ものビジネスが失われました。その被害額(当時の金額で)10ミリオン以上。失職した人は5000人以上と言われます。

 

出火発見が早かったにもかかわらず、消火活動が進まなかった原因には、当時の水道システムの水圧が低かったことにあったそうです。

この火事に苦い経験を受けて、その後トロントの水道システムは、高水圧システムに変更され現在に至っています。

 

それから、112年。

今では、そのような大火災があったことさえ、知る人はほとんどいなくなり、日々多くのビジネスマンが活躍しています。

トロントにお越しの際は、ダウンタウンコアを散策されると思いますが、約100年前にはそんな大火災があったことを記憶の片隅に置いて見てください。

 

最後に、このダウンコアの地下には、世界一のアレがあります。

そのアレについては、また別の’機会にご紹介しますね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
tt=トロント中心地の大火災から112年目の春@@@ ad=@@@ ll=:@@@ ct=11@@@ cr=6@@@ ig=https://www.tripuuu.com/wp-content/uploads/2016/04/DSC_1465-e1459481508844.jpg@@@ tl=@@@ ul=https://www.tripuuu.com/?p=4838
tt=トロント中心地の大火災から112年目の春@@@ ig=https://www.tripuuu.com/wp-content/uploads/2016/04/DSC_1465-e1459481508844.jpg@@@ ul=https://www.tripuuu.com/?p=4838
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トロント50

トロント50カナダ在住

投稿者プロフィール

カナダ在住 20年超。 NPOの仕事の傍ら、トロントを中心にカナダのニュースを日々ブログで紹介。地元の人も知らないトロントの歴史や、多民族モザイク都市トロントのB級話、裏話なども交えて、トロントの魅力を配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『ハワイでパーティ!』なら、有吉の夏休み2018でも紹介された、TR ファイヤーグリルの結婚式の二次…
  2. こんにちは!海外ブロガーのまぃまぃです。 ロンドンに来たらぜひとも行っていただきたいお勧めのパ…
  3. 本当は秘密にしたい、ハワイ・ホノルルの大人の隠れ家バー6店をご紹介! ここ数年のハワイは、ホテ…
  4. ハワイのホテルはプールで決める!というプール重視派のあなたに、今回はワイキキにあるホテルのプールをジ…
  5. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…

編集者のおすすめ

  1. ワイキキのワイキキ・サンド・ビラホテル内の話題スパ『ラ・ベラ・ワインバー&スパ』 お店の名前の…
  2. ハワイの人気イタリアン『アペティート・クラフト&ワインバー』は、昨年オープンしたばかりにも関わらず2…
  3. ハワイの高級スパ、アバサ・スパの姉妹店でシェラトンワイキキ内にある『スパ・カカラ』の魅力、行き方など…
  4. 『ハワイでパーティ!』なら、有吉の夏休み2018でも紹介された、TR ファイヤーグリルの結婚式の二次…
  5. ワイキキのランドマーク的存在の『Tギャラリア ハワイ by DFS』の2階にあるハワイ最大級ビューテ…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. ワード・カカアコエリアの新スポット「オハナ・ハレ・マーケットプレイス」内にある、ハワイの天然素材を使…
  2. 昨年秋にアラモアナセンター3Fにオープンしたばかりの『アロハコンフェクショナリー』 インスタ映えの…
  3. ハワイの「ルアウ」ってご存知ですか? ルアウとはハワイ語で『宴』を意味しておりハワイの伝統的なショ…
  4. 今年もハワイで12月9日(日)に開催されるホノルルマラソン。このマラソンに参加する方必見のオススメマ…
  5. ハワイのグルメなローカルが絶賛する『フォルマジオ・ワインバー』 ホノルルのマーケットシティにあ…
  6. ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に日本でも大人気のおうどん屋さん『つるとんたん…
  7. ハワイのアラモアナセンター内にある高級デパート、ニーマン・マーカスの直営レストラン『マリポサ/Mar…
  8. アラモアナセンターは誰もが滞在中に一回は訪れる場所!広大な敷地にたくさんのお店が入っていて、見所満載…
  9. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  10. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る