ナイアガラで請求されるツーリズム負担金って何!?

ナイアガラの滝といえば、世界三大瀑布の一つで、北米を代表する観光地。

毎年、多くの日本人の方も訪れます。

初めて来られる方も多いと思いますが、ホテルやレストランでお金を払う際、見慣れない項目があることに気付くかもしれません。

 

Niagara Tourism Fee ナイアガラ観光負担金

 

法的には、Destination Marketing Fee と規定されているそうで、市町村レベルでその観光振興やマーケティングのために、資金集め(寄付集め)をしてもよいことになっているのだそうです。

 

ナイアガラでは、2004年にこの制度を始めたそうですが、今回初めてその実態調査が行われ、その結果が公開されました。

そして、問題指摘がされています。

 

問題となった点の一つは、ホテルやレストランがお客に対して、この請求がなんであるか、また払わなくてもよい(善意)ものであることを説明していない点

 

ほとんどの観光客は、よほど異常な金額でない限り、請求通りに払いますよね。

多少税金やチップが高い程度に思ってしまいますし、もっともらしい名目の請求であれば、税金かと思って、仕方ないと思うでしょう。

 

請求書への記載は、消費税(HST)の下に、

Tourism Improvement Fee (TIF)

Attractions and Promotions Fee (APF)

Niagara Falls Destination Fee (NFDF)

Destination Productivity Fee (DPF)

など、お店やホテルによって、様々な名称がつけられています。

 

この法制の考えは、地元観光の振興、マーケティングのために必要な資金の一部を観光客の善意にお願いして集めてもよいというもので、ナイアガラの場合には、花火大会の費用や、夜間照明などの費用に充てられるのだそうです。(この使途についても、疑問があるようですが)

 

重要な点は、

善 意

ということ。

 

つまり、いくらレストランやホテルが請求書にこうした項目を載せてきても、お客は払う義務はなく、払いたくなければ、こうした項目を抜いてくれと正当に言えること

そして、その場合、レストランやホテル側は、こうした項目を請求書から抜かなくてはいけないということ。

 

こうした説明は、レストランやホテルが顧客に対してしなくてはいけない大切な項目ですが、ほとんどの場合、ないも説明せず、黙って請求書に記載しているのだそうです。

まるで、お客をだましているかのような実態。

 

もう一つの点は、その請求率が急激に上がっていること。

 

これまでは、大体3.8%程度の請求で、ちょっとチップを多くあげる程度だったそうです。

 

ところが、最近では、この率が8%や10%に上がっているケースがあるそうです。

さすがに10%となると、多めのチップにしては大きすぎますね。

 

ナイアガラの滝はカナダを代表する観光地で、ほとんどの方は大変満足されていると思いますので、善意でこうした金額を出してくれる方も多いと思います。

 

隠すような、騙すような請求の仕方ではなく、堂々と説明して、お願いすればもっと資金が集まるような気がしますけどね。

 

今度、ナイアガラに来られた際には、請求書をよく見てみてください。

そして、ナイアガラ観光に満足されたら、こうした観光振興資金、出してあげてください。

お願いいたします。

(でも、やっぱり10%は大きいなあ・・・3.8%程度なら、まあ考えないでもないですが)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トロント50

トロント50カナダ在住

投稿者プロフィール

カナダ在住 20年超。 NPOの仕事の傍ら、トロントを中心にカナダのニュースを日々ブログで紹介。地元の人も知らないトロントの歴史や、多民族モザイク都市トロントのB級話、裏話なども交えて、トロントの魅力を配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

編集者のおすすめ

  1. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  2. 2017年12月15日に1店舗目のオープンから無事6周年を迎えた子どもの遊び場『Jkids Mala…
  3. 自分で焼けるステーキが人気だったレストラン『ショアバード』の閉店ニュースが残念だったあなたに朗報です…
  4. のんびりとオールドハワイを体験できるのが根強い人気のノースショア そのノースショアでも、観光客…
  5. 為替レートの良さで観光客・在住者にも定番の両替所KVB kunlun. シドニーに訪れた際に、ご利用…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  2. 最近、注目され続けているマヌカハニー。 抗菌活性力がとても強いので、1日数回、舐めただけで腸の…
  3. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
  4. ちょっとマニアックなお役立ち情報をぎゅぎゅっと集めてお送りしているシリーズ、「ハワイこれ知ってる??…
  5. カイルアに行きたい!できれば、ビーチもお買物も両方したい!! しかし!送迎のシャトルで行くと、…
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…
Manepa Card

話題の記事

  1. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …
  2. 行列のできるアイス屋さん『ヴィアジェラート』がカウカウに登場! 夜9時でも行列ができる超人気のカイ…
  3. ”VR -Virtual Reality- (仮想現実)”ではなく”AR -Augmented Re…
  4. ハワイ・ワイキキにある『TR FIRE GRILL』 オープン以来ガンガン進化をし続けていてそ…
  5. ハワイで最大級の人気テーマパーク、というえばまず名前があかる『ポリネシアン・カルチャー・センター』 …
  6. 今回は、ガーリックシュリンプの『ジョバンニ』を始め、フードトラックが集まる「ハレイワタウンフードコー…
  7. 大人気の熟成肉や、ポーターハウスの先にあるステーキ肉の新しいトレンド「トマホーク」はもう食べましたか…
  8. 8月4日(金)、アラモアナセンターにグランドオープンした、エンターテイメント施設『ラッキーストライク…
  9. 行列のできるパンケーキで有名なハワイのお店と言えば。。『エッグスン・シングス』!! やっぱりハ…
  10. キングストリートで毎晩ロコの大行列が絶えない超超人気店、『Sweet Home Cafe (スイート…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る