ワンランク上のお土産としてお薦め!ニュージーランドのチョコレート専門店 『de Spa Chocolatier』

ニュージーランドのクライストチャーチ在住ライターのMegです。今回は、ちょっと特別な人への贈り物としてお薦めのチョコレート専門店を紹介したいと思います。

ニュージーランドを訪れた方の多くがお土産として購入するもののひとつにチョコレートが挙げられます。また後日、別記事にて紹介したいと思っていますが、スーパーマーケットで売っている普通のチョコレートもまた、ニュージーランドらしさ満載で良いお土産になるのですが、日頃お世話になっている方や目上の方などにお渡しするには、ちょっと憚られますよね。

今回ご紹介するチョコレート専門店は、ベルギーからニュージーランドに移民としてやってきたご夫婦が1991年に始めた、本格的なベルギー・チョコレートのお店です。味はもちろんのこと、見た目も美しく、喜ばれるお土産となること間違いなしです。

リカトン・ロード沿いにある可愛らしいチョコレート専門店・de Spa Chocolatier

image
image

ベルギー・チョコレートの専門店、de Spa Chocolatierは、Riccarton(リカトン)という、市の中心部よりハグレーパークを挟んで西の地域に位置し、一番の目抜き通りであるリカトン・ロード沿いにあります。

このリカトンというエリアは元々、郊外の中では商業エリアとして栄えていた地域ですが、2011年に起きたクライストチャーチ大地震で市の中心部が壊滅的な被害を受けた後、多くのビジネスがこのエリアへ移転してきたことにより、さらに発展を遂げたエリア。特にリカトン・ロード沿いにはホテルはないものの、多くのモーターロッジが立ち並び、また、クライストチャーチ最大のショッピング・モールであるウェストフィールド・ショッピングタウン・リカトンもあり、市中心部とともにクライストチャーチの観光の2大拠点となっています。

de Spa Chocolatierも、実はつい最近このエリアに移転してきたばかり。店の裏手に駐車スペースもありますが、道路脇にも駐車できるスペースがふんだんにあるので、アクセスもいいし、お店の中も以前に比べて広々としています。

ショーケースに並ぶ見た目も美しいチョコレートは1個からでも購入可能

image
image

お店の中に入ると、広々としたショーウィンドーには何十種類ものチョコレートが並んでいます。トリュフやプラリネに様々な洋酒入りのチョコレート、フルーツ系、ナッツ系やコーヒー、紅茶フレーバーのものまで、本当に種類が豊富で、選ぶのに困ってしまうほど。これらショーケースに並んだチョコレートは全て量り売りなので、それこそ、1個からでも購入可能。お土産に購入する前に、気になるものを2つ3つ買って食べてみてもいいかもしれませんね。

ギフト用には4個入り、8個入り、12個入り、14個入り、16個入り、28個入り、42個入りのギフトボックスがあります。既にギフトボックスに詰められたものを買ってもいいですが、自分で中身を選ぶことも可能。ただし、チョコレートが箱の中でずれないようにプラスチックの型に収めるため、ある程度、形の制限(丸型が何個、長方形が何個、というように)はあります。

クリスマスやイースター用の可愛らしい形のチョコレートも

image
image

別のショーケースには、クリスマスやイースターなどスペシャル・オケイジョン用の、可愛らしい形のチョコレートも並んでいます。今は特に何かの行事がある時期ではないので、ハートの容器型やネコやクマなど動物系、サッカーボールやラグビーボールの形のチョコレートが並べられていましたが、イースターの前にはイースターバニーやイースターエッグの形のチョコレートが、クリスマス・シーズンにはサンタクロースやクリスマス・ツリーの形のチョコレートがショーケースを賑わせ、見ているだけでも楽しい気持ちに。

店にはほかにもチョコレート・バーやクッキング用のチョコレート、シュガーフリー・チョコレートなども売られています。特にシュガーフリー・チョコレートは、通常のチョコレートよりカロリーが低いため、ニュージーランド糖尿病協会からも推奨されているそうです。

元々、クライストチャーチから始まったお店ですが、現在ではオークランドやウェリントンを始めとして、ニュージーランド全国で11件の店舗を構えています。お店のホームページ上でそれぞれの場所を確認できますので、クライストチャーチ以外のお店に行きたい方はチェックしてみて下さい。

de Spa Chocolatier

住所 218 Riccarton Road, Christchurch
電話番号  03-343-1467
営業時間・定休日  月〜金 10:00am-4:00pm、土 10:00am-3:00pm

日曜・祝日 定休日

WEB  http://www.despa.co.nz/

保存





保存

保存

保存

保存

保存

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Meg

Megニュージーランド、クライストチャーチ在住

投稿者プロフィール

2002年のワーキングホリデーをきっかけに2年間NZに滞在、その魅力にハマり、2011年家族(夫・娘)と共に再び舞い戻ってきました。NZの情報や見所を発信することで、ひとりでも多くの旅行者の方に、より良い思い出を作ってもらえたら嬉しいです。
ブログ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 本当は秘密にしたい、ハワイ・ホノルルの大人の隠れ家バー6店をご紹介! ここ数年のハワイは、ホテ…
  2. ハワイのホテルはプールで決める!というプール重視派のあなたに、今回はワイキキにあるホテルのプールをジ…
  3. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…
  4. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  5. 最近、注目され続けているマヌカハニー。 抗菌活性力がとても強いので、1日数回、舐めただけで腸の…
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

編集者のおすすめ

  1. ワイキキで手頃に日本食が食べたい!と思ったら、便利なのがワイキキ横丁。朝から夜までいつでも美味しいご…
  2. ワイキキのメイン通りカラカウア通りにあるワイキキ横丁のランチスペシャルキャンペーンがお得だ!と話題に…
  3. ワイキキのど真ん中にふと現れた、どこか懐かしさを感じる日本スタイルの飲食店が立ち並ぶ場所『ワイキキ横…
  4. ハワイでBBQ。ハワイのローカルの週末の過ごし方が旅行先のハワイで、気軽に、しかも手ぶらでできるカフ…
  5. 本当は秘密にしたい、ハワイ・ホノルルの大人の隠れ家バー6店をご紹介! ここ数年のハワイは、ホテ…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. 今年もハワイで12月9日(日)に開催されるホノルルマラソン。このマラソンに参加する方必見のオススメマ…
  2. ハワイのグルメなローカルが絶賛する『フォルマジオ・ワインバー』 ホノルルのマーケットシティにあ…
  3. ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に日本でも大人気のおうどん屋さん『つるとんたん…
  4. ハワイのアラモアナセンター内にある高級デパート、ニーマン・マーカスの直営レストラン『マリポサ/Mar…
  5. アラモアナセンターは誰もが滞在中に一回は訪れる場所!広大な敷地にたくさんのお店が入っていて、見所満載…
  6. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  7. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …
  8. 行列のできるアイス屋さん『ヴィアジェラート』がカウカウに登場! 夜9時でも行列ができる超人気のカイ…
  9. ”VR -Virtual Reality- (仮想現実)”ではなく”AR -Augmented Re…
  10. ハワイ・ワイキキにある『TR FIRE GRILL』 オープン以来ガンガン進化をし続けていてそ…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

  1. ハワイのカライクラブ
記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る