自然の魅力がいっぱい☆アフリカ&インド洋シルバーシークルーズ

  • 日本
  • SILVERSEA
MY EDITION
毎回様々なルートをご紹介している豪華シルバーシーのクルーズ旅☆ 今回ご紹介するのはアフリカ&インド洋クルーズ♡ 赤道を挟んで南北双方に広い面積を持つアフリカ大陸には、様々な見所があります。 独特の生活様式や習慣、芸術文化は見逃せません! 大自然の宝庫としても世界に君臨!国立公園や自然保護区会のツアーも楽しみです。 選ぶクルーズによって寄港地が異なります。まずは、シルバー・クラウド。  ◆南アフリカのケープタウン 高さ1,086メートルのテーブルマウンテンと海に挟まれた美しい都市です。   ◆南アフリカのポートエリザベス 観光のメインは内陸の自然保護区。アッド象国立公園ツアーが人気です。   ◆モザンビークのマプト モザンビーク最大の都市として発展したこの港町は、国立美術館、自然史博物館、ファティマ聖母大聖堂などが見どころです。   ◆南アフリカのリチャーズベイ 南アフリカではダーバンに次ぐ商業都市。観光ポイントは動物保護区とカルチャー・ビレッジです。   ◆南アフリカのダーバン 工業の中心地であるとともに、高級リゾート地としても知られています。グレイストリートモスクは南半球で最大のモスクです。   ◆南アフリカのイーストロンドン 柑橘類や鉱石、羊毛なども輸出入が盛んな港です。町の博物館には、絶滅したドードーの卵が世界で唯一保存されています。 続いて、もっとアクティブな方にお勧めなクルーズはこちら! 野生の息吹をたたえるアフリカ。しかし、フルーツの感動はそれだけでは終わりません。特有の分着進行や植民地時代の名残など、観光のポイントは実に多彩。 シルバー・エクスプローラーとシルバー・ディスカバラーで堪能できます。   ◆ナミビアのリューデリッツ ドイツ人承認によって築かれた町。アール・ヌーヴォーなど植民地時代の建築が見どころです!   ◆ナミビアのウォルビスベイ ナミビアの第一の港です。郊外に広がるラグーンは鳥類の保護区となっており、フラミンゴ8ペリカンの群れが集っています。   ◆アンゴラのナミべ アンゴラの観光はまだまだ発展途上ですが、手付かずの景色を楽しめるのが最大の魅力です!   ◆カーポベルデのプライア サンティアゴ島のの都市で15世紀のポルトガルにとって重要なこの島は、ブドウ園を設置し、植民地化を進めました。   ◆ミャンマーのヤンゴン ミャンマーの首都。ダウンタウンはどこで気軽に観光できます。光が家もタクシーやリクシャーですぐに行けちゃうので便利です! ◆スリランカのガル ヨーロッパ建築と南アジア地域の様式が混在。旧市街は世界遺産に登録されています。   ◆セーシェルのマヘ セーシェル諸島は「エデンの園」と称されています。マヘ島はその中心的な島。峻嶮な山からは美しいサンゴ礁が望めます。   ◆タンザニアのザンジバル 手付かずの自然が観光客を魅了する町。スパイスアイランドとしても知られています! アフリカ&インド洋クルーズ寄港地はいかがでしたか? 出発地もケープタウンやダカール、プーケット、そしてモルディブのマレだったり、いろいろなルートで楽しめるのも魅力です。  いろいろなルートがあるので、まずは問合せてみてください♡ シルバーシー Official website http://www.silversea.jp
オリジナルサイトで読む

このメディアの人気記事

同じエリアの記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示