旅行者が訪れるべき街No.1 サンクトペテルブルグ I

  • ロシア
  • TRAVEL
MY EDITION
自分は、結構世界を旅しているほうであると思う。世界の主な都市も、同じ街を何度も何度も訪ねている。そんな中で自分が一番素晴らしいなと思った街サンクトペテルブルグを紹介することにする。まず、サンクトペテルブルグについて語ると、1914年までロマノフ王朝時のロシアの首都で、100万人以上の街としては、世界最北端に位置する。ソヴィエト時代は、レニングラードと呼ばれていたがロシアとなりその名をまた元のサンクトペテルブルグと改めた。今回、自分はフィンランドの首都ヘルシンキから特急アレグロ号に乗り陸路サンクトペテルブルグに入ることにした。約二時間強の鉄道の旅も悪くない。 まず、サンクトペテルブルグについて、目に入るのは、運河が張り巡らされた街に美しく素晴らしい歴史的建築物があふれていることだ。初めて訪れる人には、ボートに乗り込み運河からガイドの案内を受けることがいいだろう。 次に街に歩くことにする。メインストリートのネフスキー通りをはじめどの通り、建物、広場をとっても広く大きいということにきずく。また、建物のゴージャスさにも目を奪われる。街中には公園とともにたくさんの噴水がやたらと目につく!見るべきものが町中にいたるところに散在している。 またロシアといえば文化や、アート。特にサンクトペテルブルグに来たら、バレエは必見であろう。世界のバレエの殿堂としてここに君臨するのがマリインスキ劇場である。”くるみ割り人形””眠れる森の美女””白鳥の湖”は、なんとここで初演が行われたという。ちなみにここでは、冬がバレエの季節であるということである。マリインスキバレエは、夏の間は海外公演でいないらしい。 次回はなんといっても、サンクトペテルブルクの観光の目玉であるエルミタージュ美述館をはじめとした宮殿について紹介させていただくこととする。    
オリジナルサイトで読む

このメディアの人気記事

同じエリアの記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示