マルタ島でピカソとミロに出会い!ローカルワインをテイスティング♪

  • その他のエリア
  • TRAVEL
MY EDITION
引き続きスリーシティーズの街から… セングレアの街歩きからヴィットリオーザのフェリー乗り場へ 行きに乗ったダイシャ乗り場よりも近かったので帰りは安定のフェリーでヴァレッタへ… 所用時間15分ほどで片道€1.5でした。 監視塔を船の上から見送ります… しかしあのクルーズ船…高層ビルが横たわったかのように大きいなーと思って見ていたのですが… 船の上から見るとヴァレッタのウォーターフロントに並ぶ歴史的な建物もオーべルージュカスティーユも隠れてしまい、街と一体化してて見えます。 バレッタのフェリー乗り場に到着し、クルーズ船を近くで見てみると… やっぱりマンションです。笑 現代的なクルーズ船と歴史漂う馬車…コントラスト強すぎ!! ヴィクトリアゲートを通ってヴァレッタのセントラルストリート「リパブリック通り」へ向かいます。 「国立考古学博物館」かつて聖ヨハネ騎士団の宿舎だったそう… 「聖ヨハネ大聖堂」聖ヨハネ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた教会 などなど… でも本日の目的地はこちら↓↓↓ 聖ヨハネ大聖堂の斜めお隣ブロックにある「騎士団長の宮殿」 中庭を通って向かう先は… チケット売り場… 『ピカソとミロの肉体の精神展』が期間限定で開催されていると聞きやってきました! 展示自体はそれほど多くはありませんでしたが.. 貴重なエッチング作品を見る事ができました。 宮殿内も一緒に見学が出来ます。 聖ヨハネ騎士団の象徴マルタクロスが描かれていました。 天井画も美しかった… 芸術作品を堪能したところで… 近くにマルタワインのテイスティングができるワイン専門店があると知り立ち寄ることに… テラスで軽食も食べれるみたいです。 早速店内でテイスティングをお願いしてみました! 白ワイン3種に 赤ワイン3種… ほとんど説明を聞いていませんでしたが。笑 (一緒懸命に説明してくれたのにゴメンなさい…) 全てマルタで生産されたワインであることは間違いなく… 通常マルタワインを約80種類ほど揃えているそうです。 イタリア、スペイン、フランスといった有名なワイン産地よりも南に位置する気候である為、ブドウの熟成が早いのが特徴で、大量生産が出来ない為、国内消費してしまい殆ど輸出をしていないのだそうです。 マルタでしか飲めない貴重なワインですが、お値段はお手頃! レストランではもちろん、スーパーマーケットでも購入できたので、滞在中はほぼ毎日マルタワインを楽しんでいました♪ ヴァレッタにあるワイン専門店~by Trip advisor Ellul Wine & Spirits
オリジナルサイトで読む

このメディアの人気記事

同じエリアの記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示