Upstate New York – Part 1

  • アメリカ
  • TRAVEL
MY EDITION
7月後半〜8月にかけて、10日間ほどニューヨークに滞在しました。Tablet Hotelsを運営するTablet Inc.は、NYに本社があり、年に2回ほど出張があります。良い季節だったので、仕事前に少し休みを取って、レンタカーでハドソン川を北上し、ビーコン(Beacon)という小さな街に滞在しました。そのレポートを2回に分けてお届けします。 目的のひとつは美術館でした。2003年にオープンした「ディア・ビーコン(Dia: Beacon)」は、この街のシンボルとも言えるミュージアム。建物は、元ナビスコのパッケージ工場をリノベーションしたとあって、気持ちがいいほど広々とした造り。照明は、ほぼ自然採光でまかなわれているそう。 常設展示作品は、1960年代以降の現代アートが中心。22,000㎡という巨大な展示スペースを活かし、アーティストごとに独立した空間となっています。作者と直接相談、または原案に基づいて忠実に展示した結果だそう。ダイナミック、且つシンプルに作品が並び、目だけでなく心と体で楽しめる感覚でした。 滞在先に選んだのは、こちらも以前工場として使われていたレンガ造りの建物をリノベーションした「ザ・ラウンドハウス・アット・ビーコンフォールズ(The Roundhouse at Beacon Falls)」。なんと築200年以上! いま流行りのインダストリアル・スタイルのホテルでした。名前のとおり、ビーコン・フォールズと呼ばれる滝に面していて、夜は紫のライトアップが幻想的     Part 2 に続く。
オリジナルサイトで読む

このメディアの人気記事

同じエリアの記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示