アテネ貨幣博物館は元シュリーマンの邸宅?!日本の小判も展示されています!

  • ギリシャ
  • TRAVEL
MY EDITION

アテネの中心街に立派な門構えの大きな建物が!アテネ貨幣博物館に来ました!受付で入場料を支払い、中へ。シュリーマンの邸宅であったこの建物は建設された当時、アテネで最も豪華な私邸と言われていたそうです。モザイク、トロイ戦争やギリシャをテーマにした壁画は美しく天井の絵も素晴らしかったです。。ハインリヒ・シュリーマンの未亡人が、建物をギリシャ政府に売却し、現在は貨幣博物館として利用されています。600,000点ものコレクションを保持し、現代から紀元前14世紀までのコインや金型、スタンプなどが展示されています。日本の小判もありました!
歴史順に回れるように展示されていていますので、貨幣の歴史をより感じることができます。世界最初の貨幣通過を作ったのはギリシャです。現代のコーナーではプラスチックのクレジットカードが展示されていて面白いと思いました。トロイ、ミケーネの古代都市を発掘したことで有名なシュリーマンの絵です。シュリーマンは幕末の時代日本に来日したこともあるそうです。日本の美しい川に驚いたそうです。多数の言語を話せたことでも有名なシュリーマンです。
博物館の敷地内にカフェもあります。次回はゆっくりアテネ貨幣博物館のカフェのレポートもしたいです!Rii Minami     アテネ貨幣博物館 住所Panepistimiou 12, Athina 106 71 シンタグマ駅が最寄りです。

オリジナルサイトで読む

このメディアの人気記事

同じエリアの記事

旅行スケジュール管理アプリ

  • 現地の情報収集
  • スケジュールを友だちと共有
  • 行き先のルートを自動表示