北米旅行中に気を付けたい”国内時差”と”サマータイム”

海外旅行に行くときに”時差”を気にするのは当たり前ですが、

日本に住んでいるとついつい忘れがちなのが、「国内の時差」。

え!?同じ国の中で時差があるの!?

って思っちゃいますよね。

 

特に国内時差に気を付けたい国

・ロシア:9区分

・カナダ:6区分

・アメリカ:本土だけで4区分(アラスカとハワイを含めると6区分)

・オーストラリア:3区分

の4ヶ国!

他にも、海外領土を含めると時差がある国はありますが、両方を一度に訪れることは少ないと思いますので、それほど気にすることはありません。

逆に、国土が広いのに時差がなくてビックリするのが、中国です。

printable_us_canada_time_zone_map

出典:http://www.nanoprintable.xyz/printable-us-time-zone-map/

 

カナダ旅行中に気を付けたい時差

UTC_hue4map_CAN-en

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Time_in_Canada

良く一緒に周りがちな

・トロント、オタワ、モントリオール、ケベック:時差ナシなので問題ナシ!

・ナイアガラとトロント、ナイアガラとニューヨーク:時差ナシなので問題ナシ!

気を付けたいのは、

・バンクーバーとカルガリー、バンフ、イエローナイフ:時差1時間あります!

・カナディアンロッキーとナイアガラ:時差2時間!

・シカゴとトロント:時差1時間!

まぁ、カナダ国内の時差は、主に飛行機移動を伴うので、そんなに恐れることはないです。

 

怖いのはお次のアメリカです!

アメリカ旅行中に気を付けたい時差

059691

出典:http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=59691&word=アメリカタイムゾーン

気を付けていただきたいのは、なんと言っても”グランドサークル”です!

グランドサークルはいくつもの州をまたぐのでそれだけでも要注意なのですが、

その上、厄介なのがサマータイム。

サマータイムはアメリカではアメリカではDaylight Saving Time(略してDST)と呼ばれており、毎年3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時までとなっています。

通常は上の画像のような時差マップしか見ないので気づきませんが、サマータイム時の時差マップを検索すると下記のような地図が出てきます。

US-Timezones

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Time_in_the_United_States

斜線部分、なんと、ハワイ州とアリゾナ州のみ、サマータイムを採用していないのです!

なので、本来同じタイムゾーンであるアリゾナ州とユタ州は、夏の間だけ1時間時差が発生します。

さらに厄介なのが、ナバホ自治区(Navaho Nation)と呼ばれる先住民自治区はサマータイムを採用しているということ。

NavajoNation_map_en

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナバホ・ネイション

ナバホ自治区は、ユタ、コロラド、ニューメキシコ、アリゾナ州の4州にまたがっており、特にアリゾナ州においては、ナバホ自治区がドーナツ状になっています。

なので、1歩足を踏み入れたら突然時差が1時間ある、なんていうことが起こりうるのです。

アリゾナ州内のナバホ自治区には、グランドサークル観光には欠かせない“モニュメントバレー”や”アンテロープキャニオン”があります。

さすがのiPhoneもそこまでうまく対応できていないようで、私もアンテロープキャニオンで1時間間違ってしまい、ツアーを予約していたのに大変でした。私以外にも、時間を間違えている方がけっこういましたので、皆さん、現地時間はよくよく確認しましょう。

下記、要注意ポイントです。

・サマータイム時のユタ州とアリゾナ州の時差:1時間

・サマータイム時のアリゾナ州内のナバホ自治区とそれ以外との時差:1時間

・ラスベガス(ネバダ州)とアリゾナ州は本来時差1時間だけれど、サマータイム時は時差ナシ!

・通常時のラスベガスと、ユタ州・アリゾナ州の時差:1時間

書いているだけでもややこしい~~!!

 

いかがだったでしょうか。

国内で時差があるって、大変ですね!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sachico44

sachico44カナダ在住

投稿者プロフィール

広告代理店、メーカー宣伝部勤務を経て、駐在妻としてカナダ在住。
旅行、テレビドラマ鑑賞、比較検討、節約、が趣味のアクティブな引きこもり。

Instagram】 【Photo Gallery

この著者の最新の記事

関連記事

編集者のおすすめ

  1. バリ島に来られる多くの方が、「バリ島でマッサージしたい!」と言われます。 バリ島には高級スパか…
  2. 翔熱大陸でお正月に紹介されてから早半年、ハワイの最新アクティビティとして人気を集めつつある『コーラル…
  3. 先日、ホノルル、カイマナビーチ近くにある『ワイキキ水族館』に遊びに行ってきました♪ シュノーケリン…
  4. ハワイでのお買物「Tシャツ」は別腹です。気に入ったら迷わず即買いが鉄則。なぜならハワイ限定、コラボも…
  5. オーストラリア特有の動物、コアラ、カンガルー、ウォンバットなどに至近距離で触れ合える【ワイルドライフ…

ピックアップ記事

  1. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
  2. ちょっとマニアックなお役立ち情報をぎゅぎゅっと集めてお送りしているシリーズ、「ハワイこれ知ってる??…
  3. カイルアに行きたい!できれば、ビーチもお買物も両方したい!! しかし!送迎のシャトルで行くと、…
  4. 来バリ島される、大人の男女子のみなさんになくてはならない物の1つが『ビンタンビール』 バリ島で…
  5. 以前にもご紹介したマレーシアのお土産の数々、その中でも特にお問い合わせが多いのが『なまこ石鹸』です!…
キャッシュパスポート

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…
Manepa Card

話題の記事

  1. ハワイの健康意識の高い方たちがこぞって集まるお店がアラモアナにオープンしました! その名も『T…
  2. スフレパンケーキのクリームポットでお馴染み、ワイキキのハワイアンモナークホテル1階に安いベーカリー&…
  3. ワイキキのど真ん中に、日本の家庭料理や定食をお手頃価格で提供してくれている、和食店『花の里』 場所…
  4. 最近インスタでも話題のロールアイス。皆さんはもう試されましたか? どうやらアラモアナショッピングセ…
  5. ハワイのお土産は、ハワイらしく! ハワイ産で、喜んでもらえて、むしろ自慢できるお土産を渡したい。 …
  6. 2017年4月27日、「ホノルル国際空港」が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」へと名称を改めました。…
  7. 2006年にベルギーで始まった「Dinner In The Sky」 クレーンに吊られて地上45m…
  8. タウンホールステーションから徒歩5分。Skyview Shopping Plazaに入っている『I-…
  9. ビールやワインの特産地と知られるオーストラリアならではの飲酒運転のルールがあります。 日本では飲酒…
  10. マレーシア随一の繁華街『チャンカットブキットビンタン(Changkat Bukit Bintang)…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る