北米旅行中に気を付けたい”国内時差”と”サマータイム”

海外旅行に行くときに”時差”を気にするのは当たり前ですが、

日本に住んでいるとついつい忘れがちなのが、「国内の時差」。

え!?同じ国の中で時差があるの!?

って思っちゃいますよね。

 

特に国内時差に気を付けたい国

・ロシア:9区分

・カナダ:6区分

・アメリカ:本土だけで4区分(アラスカとハワイを含めると6区分)

・オーストラリア:3区分

の4ヶ国!

他にも、海外領土を含めると時差がある国はありますが、両方を一度に訪れることは少ないと思いますので、それほど気にすることはありません。

逆に、国土が広いのに時差がなくてビックリするのが、中国です。

printable_us_canada_time_zone_map

出典:http://www.nanoprintable.xyz/printable-us-time-zone-map/

 

カナダ旅行中に気を付けたい時差

UTC_hue4map_CAN-en

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Time_in_Canada

良く一緒に周りがちな

・トロント、オタワ、モントリオール、ケベック:時差ナシなので問題ナシ!

・ナイアガラとトロント、ナイアガラとニューヨーク:時差ナシなので問題ナシ!

気を付けたいのは、

・バンクーバーとカルガリー、バンフ、イエローナイフ:時差1時間あります!

・カナディアンロッキーとナイアガラ:時差2時間!

・シカゴとトロント:時差1時間!

まぁ、カナダ国内の時差は、主に飛行機移動を伴うので、そんなに恐れることはないです。

 

怖いのはお次のアメリカです!

アメリカ旅行中に気を付けたい時差

059691

出典:http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=59691&word=アメリカタイムゾーン

気を付けていただきたいのは、なんと言っても”グランドサークル”です!

グランドサークルはいくつもの州をまたぐのでそれだけでも要注意なのですが、

その上、厄介なのがサマータイム。

サマータイムはアメリカではアメリカではDaylight Saving Time(略してDST)と呼ばれており、毎年3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時までとなっています。

通常は上の画像のような時差マップしか見ないので気づきませんが、サマータイム時の時差マップを検索すると下記のような地図が出てきます。

US-Timezones

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Time_in_the_United_States

斜線部分、なんと、ハワイ州とアリゾナ州のみ、サマータイムを採用していないのです!

なので、本来同じタイムゾーンであるアリゾナ州とユタ州は、夏の間だけ1時間時差が発生します。

さらに厄介なのが、ナバホ自治区(Navaho Nation)と呼ばれる先住民自治区はサマータイムを採用しているということ。

NavajoNation_map_en

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナバホ・ネイション

ナバホ自治区は、ユタ、コロラド、ニューメキシコ、アリゾナ州の4州にまたがっており、特にアリゾナ州においては、ナバホ自治区がドーナツ状になっています。

なので、1歩足を踏み入れたら突然時差が1時間ある、なんていうことが起こりうるのです。

アリゾナ州内のナバホ自治区には、グランドサークル観光には欠かせない“モニュメントバレー”や”アンテロープキャニオン”があります。

さすがのiPhoneもそこまでうまく対応できていないようで、私もアンテロープキャニオンで1時間間違ってしまい、ツアーを予約していたのに大変でした。私以外にも、時間を間違えている方がけっこういましたので、皆さん、現地時間はよくよく確認しましょう。

下記、要注意ポイントです。

・サマータイム時のユタ州とアリゾナ州の時差:1時間

・サマータイム時のアリゾナ州内のナバホ自治区とそれ以外との時差:1時間

・ラスベガス(ネバダ州)とアリゾナ州は本来時差1時間だけれど、サマータイム時は時差ナシ!

・通常時のラスベガスと、ユタ州・アリゾナ州の時差:1時間

書いているだけでもややこしい~~!!

 

いかがだったでしょうか。

国内で時差があるって、大変ですね!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sachico44

sachico44カナダ在住

投稿者プロフィール

広告代理店、メーカー宣伝部勤務を経て、駐在妻としてカナダ在住。
旅行、テレビドラマ鑑賞、比較検討、節約、が趣味のアクティブな引きこもり。

Instagram】 【Photo Gallery

この著者の最新の記事

関連記事

編集者のおすすめ

  1. オーストラリア、シドニーの公共交通機関とえば、電車、フェリー、バス。 電車とフェリーは時刻表通りに…
  2. できれば体験しないほうがいいのでしょうが(笑)… 今回在マレーシア7年目にして初めて、観光客用ポリ…
  3. ハワイへの団体・グループ・社員旅行、結婚式の二次会やパーティにおすすめのレストラン、居酒屋・鉄板焼編…
  4. 今回は、ハワイへの「団体」「グループ」「社員旅行」「結婚式の二次会」や「パーティ」におすすめのおしゃ…
  5. ワイキキ内の雑貨店を一気に回るモデルプラン、ランチもいれて5時間で15店! 雑貨天国ワイキキ、可愛…

ピックアップ記事

  1. 来バリ島される、大人の男女子のみなさんになくてはならない物の1つが『ビンタンビール』 バリ島で…
  2. 以前にもご紹介したマレーシアのお土産の数々、その中でも特にお問い合わせが多いのが『なまこ石鹸』です!…
  3. 2月のハワイはホエールウォッチングのシーズン この時期(2月)はホエールウォッチングのベストシーズ…
  4. マレーシア・クアラルンプールから北へ約10kmにそびえ立つ巨大な岩山、インド系マレーシア人が信仰する…
  5. こんにちは!先日、トンボが飛び始めて季節の変わり目を感じるモルディブ。 日本も秋口にトンボが飛び始…

人気の観光スポット

  1. (大統領専用ジェティ) こんにちは! 年越し前から雨が降っておらず、年明けも1度小雨が降った…
  2. マレーシア・クアラルンプール中心地、ツインタワーの下にあるSuria KLCCショッピングモールから…
  3. マレーシア・クアラルンプールから北へ約10kmにそびえ立つ巨大な岩山、インド系マレーシア人が信仰する…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る