ジャカルタ駐在員がぶつかる3つの壁とその対策

Selamat siang!

これは、インドネシア語で「こんにちは」という意味です。

ジャカルタに住んでしばらくすると自然とあいさつ程度はできるようになるものなのですが、最初は戸惑うことも多かったのが事実です。

まず、インドネシアへやって着た当初、驚いたことがあります。それは、インドネシア人のほとんどが英語を話すことができないということです。

これは、多くのジャカルタ駐在員がぶち当たる壁であり、多くの人が言葉の壁にぶつかります。

というわけで、今回はインドネシアの首都、ジャカルタにやってきてぶつかった3つの壁と、その対策について書いていきます。

 

壁1.インドネシアの宗教について

まず、インドネシアの宗教についてです。

日本人は宗教について、あまり関心がないという方が多いと思いますが。インドネシア人は生まれたら「どこかの宗教に属さなければならない」と法律で決まっています。

出生届に、「宗教欄」もあることからもそれが分かります。

で、インドネシア人の90パーセント以上は「イスラム教徒」です。

というわけで、ジャカルタ、そしてインドネシア全土にもモスクがあります。

モスクでは一日に5回、大音量でお祈りをします。この時間にはインドネシア人の従業員も勤務時間であろうが、仕事をストップし、お祈りを始めます。

日本人の感覚からすると、「勤務時間」なのに。と感じるかもしれませんが、それを否定することは、相手の宗教に対するリスペクトが足りないということが、インドネシアでは当たり前の状況となっています。

この対策としては、やはり十分なコミュニケーションを取ることが重要になります。そのためには多少の言語を学ぶ必要があります。

 

壁2.インドネシアの言語について

インドネシアの言語は「インドネシア語」です。

伝統的に交易語(リングワ・フランカ)として、地域共通語あるいは外国語としても学ばれ話されることが多かったせいか、文法は世界の各言語の中でも比較的簡単な部類に入る。

ウィキペディア

ここからもわかる通り、インドネシア語は世界一簡単な言語とも言われており、非常に簡単に学ぶことができるようになっています。

最初に述べた通り、インドネシア人は、インドネシア語しか、つまり母国語しか話せないという人がほとんどですので、「こちらから学ぶ姿勢」が大切です。

最近はインドネシア語学習用のサイトなどもでてきており、インドネシアに住むには必須のアイテムとなっています。

中でもジャパネシアというウェブサイトには非常に分かりやすくインドネシア語がまとめられておりますので、こういったもので最初は学んでみるといいでしょう。

ちょっとでもインドネシア語ができればインドネシア人はとっても喜んでくれます。きっとこれは仕事にも大きなメリットがあるはずですよね!

 

壁3.インドネシア人の性格について

インドネシア人はものすごいリズムがゆっくりです。

スーツを着る人はごくわずか、平日であれ、道端や、コンビニの前で大人がたむろしています。

そして時間にはかなりリーズで、30分や1時間おくれてしまうのは日常茶飯事です。

これは、いわば日本人とは真逆の性格で、インドネシア人は日本人のことをとてもまじめすぎて、ちょっとおかしいと感じているほどなのです。

なので、このインドネシア人の性格にイライラしだしたら止まりません。

駐在するということは、相手の国に住まわせてもらうことです。当然、自分から合わせていき、理解しようとする姿勢を見せる必要があります。

そのためには、「受け入れること」これを常に意識し、「対応できること」はどんどん対応させて行きましょう。

そのせいで、今の私もかなり時間にルーズになってしまいましたが。(苦笑)

 

まとめ

インドネシア人、そして宗教のこと、性格のこと。

これはどこの国に行っても感じるカルチャーショックですが、分かっていてもイライラしたり、迷ったりしてしまうこともあるようです。

だからこそ、学ぶべきことも多く、日々気づかされることも多いです。

そういったプラスの側面をちゃんと見ることが非常に大事なことだと言えますね。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やまと

やまとジャカルタ在住

投稿者プロフィール

猫とナシゴレンが好き

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…
  2. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  3. 最近、注目され続けているマヌカハニー。 抗菌活性力がとても強いので、1日数回、舐めただけで腸の…
  4. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
  5. ちょっとマニアックなお役立ち情報をぎゅぎゅっと集めてお送りしているシリーズ、「ハワイこれ知ってる??…
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

編集者のおすすめ

  1. ハワイは島全体がスピリチュアルな場所。パワースポットへ行って神聖な空気に触れたら心身ともにリ…
  2. ハワイを疾走したい!をまさに実現。見た目もなんだ、この乗り物!とワイキキ中の視線をあびまくるオープン…
  3. ハワイ旅行、インスタ映え狙うつもりが着いてみたら、なんなの、この顔や脚のむくみ・・・ 「今日、…
  4. 3世代でハワイ旅行♪と、張り切ってきたものの、ハワイのレストラン選びって難しい! おじ…
  5. ハワイに行くなら、格安航空会社LCCの『scoot(スクート)』はアリ!それが今回の結論です。 な…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に日本でも大人気のおうどん屋さん『つるとんたん…
  2. ハワイのアラモアナセンター内にある高級デパート、ニーマン・マーカスの直営レストラン『マリポサ/Mar…
  3. アラモアナセンターは誰もが滞在中に一回は訪れる場所!広大な敷地にたくさんのお店が入っていて、見所満載…
  4. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  5. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …
  6. 行列のできるアイス屋さん『ヴィアジェラート』がカウカウに登場! 夜9時でも行列ができる超人気のカイ…
  7. ”VR -Virtual Reality- (仮想現実)”ではなく”AR -Augmented Re…
  8. ハワイ・ワイキキにある『TR FIRE GRILL』 オープン以来ガンガン進化をし続けていてそ…
  9. ハワイで最大級の人気テーマパーク、というえばまず名前があかる『ポリネシアン・カルチャー・センター』 …
  10. 今回は、ガーリックシュリンプの『ジョバンニ』を始め、フードトラックが集まる「ハレイワタウンフードコー…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る