【カンボジア一人旅6】一生に一度は訪れたい!世界遺産アンコールワット

世界中で利用されている旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」で海外の人気観光スポットの1位に選ばれたカンボジアのアンコールワット遺跡。

12世紀初頭から600年以上も続いたクメール王朝時代の世界最大の石造寺院は今もなお人々を魅了し、「一生に一度」ではなく何度も足を運んでしまうリピーターを生み続けています。古代の人々の祈りのエネルギーが浸み込んだアンコールワットの建物内は神秘的な空気に満ち溢れ、「パワースポット」という言葉の意味を体感できる場所です。

 

アンコールワットの歴史

正門にあたる西塔門からのびる350メートルの西参道。両脇には聖池があります。

12世紀前半にスーリヤヴァルマン2世により創建され、30年以上の年月の6万人の手によって築かれました。1431年にアンコール王朝が没落し、王都がプノンペンに移行後、しばらく忘れ去られていたという歴史があります。1970年代から勃発した内戦が終焉を迎える1992年に世界遺産に登録されました。1993年にこの寺院の祠堂を描いたカンボジア国旗が制定されました。

 

アンコールワットの見どころ

第一回廊の壁のレリーフ

760メートルの壁一面、美しいレリーフで装飾されています。物語を表現しているそうです。

 

階段を昇って第三回廊へ

かなり急な階段。事故がおきやすい場所とのことで注意が必要です。

 

第三回廊からの景色。アンコールワットはジャングルの中にあります。

 

アンコールワットの裏側

西門が正門、東門が裏門となっています。ここまで来ると観光客が少ないのでゆっくり散策ができました。

 

アンコールワットにすみつく猿たち

遺跡内のあちこちにかわいらしい猿がいます。観光客のカメラや飲み物を奪うこともあるそうなので刺激しない方がよさそう。

 

アンコールワット遺跡観光のコツと注意点

●空いているのは午前中、写真撮影に適しているのは午後。

アンコールワットを正面から撮影する場合、午前中は逆光となります。

●ゆっくり見たかったら2日は必要

アンコールワットは200ヘクタール、東京ドーム15個分の敷地面積。クメール建築の最高傑作なのでゆっくり堪能していただくには2日必要かと思います。

●日焼け対策、虫除け対策は万全に

回廊を歩けば日差しは避けられますが、屋外を歩く距離も長時間となります。また緑が生い茂る雨季は蚊対策も忘れずに。

薄暗くひんやりとした遺跡内の回廊。

●こまめな水分補給

暑い中での長距離ウォーキング、滝のように汗が流れてきます。熱中症予防に必ずミネラルウォーターのボトルを持ち歩きましょう。

●遺跡内の神像やレリーフには触らない

カンボジア人にとってアンコールワットは生活に根付く宗教施設です。施設内のものには敬意を払って観覧してくださいね。

西塔門に立つ8本腕のヴィッシュヌ神。現地市民も参拝に訪れる場所なのでお静かに。

 

 

【関連記事】

【カンボジア一人旅1】世界遺産アンコールワット遺跡群・知っておきたい基本情報

【カンボジア一人旅2】アンコールトム「バイヨン寺院」の観音菩薩の四面塔と周辺の遺跡

【カンボジア一人旅3】古代遺跡と樹木の浸食が不思議な世界観「タ・プローム遺跡」

【カンボジア一人旅4】廃墟感がたまらない!森の中にたたずむ遺跡「ベンメリア」

【カンボジア一人旅5】ここからアンコールワット遺跡群の歴史は始まった!「ロリュオス遺跡群」

 

保存

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ふくちゃん

ふくちゃんオーストラリア、シドニー在住

投稿者プロフィール

静岡県出身。2001年7月、英語がまったく話せない状態で、若気の至りでオーストラリアに移住。これから旅行される方、留学やお仕事、移住でシドニーいらっしゃる皆さんにお役に立てる情報を発信していきたいと思います。
ブログ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ハワイのホテルはプールで決める!というプール重視派のあなたに、今回はワイキキにあるホテルのプールをジ…
  2. こんにちは!ライターのYOKOです。 本日は前回に引き続きメルボルン郊外のワイナリー「ヤラバレ…
  3. こんにちは!ライターのYOKOです。 日本の約20倍の国土を誇るオーストラリア。実はブドウ畑も…
  4. 最近、注目され続けているマヌカハニー。 抗菌活性力がとても強いので、1日数回、舐めただけで腸の…
  5. MRT台北駅を中心に半径約5キロ圏内に多くの主要観光地が集まっている台北の街は地下鉄での移動がとても…
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

編集者のおすすめ

  1. ハワイは島全体がスピリチュアルな場所。パワースポットへ行って神聖な空気に触れたら心身ともにリ…
  2. ハワイを疾走したい!をまさに実現。見た目もなんだ、この乗り物!とワイキキ中の視線をあびまくるオープン…
  3. ハワイ旅行、インスタ映え狙うつもりが着いてみたら、なんなの、この顔や脚のむくみ・・・ 「今日、…
  4. 3世代でハワイ旅行♪と、張り切ってきたものの、ハワイのレストラン選びって難しい! おじ…
  5. ハワイに行くなら、格安航空会社LCCの『scoot(スクート)』はアリ!それが今回の結論です。 な…

人気の観光スポット

  1. シドニーのランドマークとして一番に思いつくのがオペラハウス!ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる…
  2. オーストラリアと聞くと「いつも暖かくて晴れている」というイメージを抱人が多いようです。ですが、秋から…
  3. 台湾に来たらまず訪れたいのが『中正紀念堂』 台湾、中国の歴史に興味がある方もない方も日本にはない壮…

話題の記事

  1. ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に日本でも大人気のおうどん屋さん『つるとんたん…
  2. ハワイのアラモアナセンター内にある高級デパート、ニーマン・マーカスの直営レストラン『マリポサ/Mar…
  3. アラモアナセンターは誰もが滞在中に一回は訪れる場所!広大な敷地にたくさんのお店が入っていて、見所満載…
  4. 熱々の鉄板ででてくる焼きたて餃子が自慢の『餃子の王将』 ちょい飲み使いや、飲んだ後の〆に立ち寄…
  5. 昨年9月にアラモアナから「マッカリーショッピングセンター」に移転オープンしました焼鳥処『カープ鳥』 …
  6. 行列のできるアイス屋さん『ヴィアジェラート』がカウカウに登場! 夜9時でも行列ができる超人気のカイ…
  7. ”VR -Virtual Reality- (仮想現実)”ではなく”AR -Augmented Re…
  8. ハワイ・ワイキキにある『TR FIRE GRILL』 オープン以来ガンガン進化をし続けていてそ…
  9. ハワイで最大級の人気テーマパーク、というえばまず名前があかる『ポリネシアン・カルチャー・センター』 …
  10. 今回は、ガーリックシュリンプの『ジョバンニ』を始め、フードトラックが集まる「ハレイワタウンフードコー…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る