アメリカではタクシーの代わりにUberを使いこなそう!

日本ではまだ聞き慣れない“Uber(ウーバー)”ですが、アメリカでは新たな移動手段としてもうすっかりお馴染みの便利なアプリです。

旅行者がなぜUberを使うべきかというと、、、

 

1、キャッシュレスなので安心!

クレジットカードの使えないタクシーに乗ってしまったり、ひと気のない場所でタクシーを降りる際など、お財布を出すのが少し怖かったりしますよね。でもUberはアプリ上で決済されるので、一切ドライバーとの現金のやり取りが発生しません。スマホさえ持っていれば乗れちゃいます。

また、アメリカではチップを払う習慣があるので、タクシーの場合チップは何%が妥当なんだっけ?などとお金を払う際にまごまごすることもあるかと思いますが、Uberはチップも込みの金額なので心配ご無用!

 

2、ルートが目に見えるので安心!

慣れない土地でタクシーに乗ると、遠回りされているのではないか?本当に目的地に向かっているのか?心配になることも多いかと思いますが、Uberの場合はドライバーのアプリ上と自分のアプリ上にルートが表示されるので安心です。

記録にも残るので、旅の思い出にもなります。

 

3、ドライバーの評価システムがあるので安心!

Uberでは利用者がドライバーを評価するシステムがあるので(星5段階で評価)、ドライバーの方々は皆さん、車内をピカピカに掃除したり、水や飴や雑誌などを用意したり、車内を飾り付けたり、イイ匂いの芳香剤を置いたりとそれぞれ趣向を凝らしてサービスしてくれます。(逆に利用者もドライバーに評価されますので、皆さん車内ではお行儀よくしましょうね。笑)

また、誰がドライバーだったのかが記録に残るので、何かあったときに安心です。タクシーだと、わざわざドライバーの名前をメモしたりしないですものね。車内に忘れ物をしたとき、ドライバーとトラブルがあったときなど、タクシー会社の番号を調べて、電話して、などというややこしい作業は飛ばして、アプリ上でUberスタッフとやり取りすることが可能です。そのレスの速さにもビックリさせられます!

 

4、目的地までの概算料金が出るので安心!

日本にいたら、大体の距離で大体の料金がわかりますが、海外だとそうはいきません。すごく高かったらどうしよう、と不安になりますよね。ですがUberだと、車を呼ぶ前に目的地までの概算料金を算出することができるので、安心して予算内のドライブを楽しむことができます。

降車時に明細をアプリ上で確認することができる明朗会計!

 

5、車が到着するまでの時間がわかるので安心!

タクシーがなかなかつかまらない場所にいるとき、タクシーは沢山いるけれど空車が見つけられないとき、急いでいると焦りますよね。でもUberだと、自分のまわりのどこにUberがいるかを目で見ることができ、何分くらいで迎えに来てくれるかもわかるのでスケジュールが立てやすいです。

 

よって、旅行者の方がuberを活用しない手はないと思うのです。

国によってUberの料金には差があるようですが、Uberを生んだ国アメリカでは、タクシーの約半額くらいの料金で乗ることができ、とっても経済的♪

また、Uberのドライバーさんたちは気さくに乗客に話しかけてきますので、現地ドライバーと英語で会話を楽しむこともできます。私が初めて乗ったUberのドライバーさんは、副業がドライバーで、なんと本業は歌手でした!車の中で、彼の作った楽曲を聴かせてもらったりして楽しかったですよ!

みなさんも是非お試しください^^

 

あ、uberのまわしものではありません。イチ旅行者として、私はとってもuberに助けられているので、個人的にオススメのアプリなのです。
しょっちゅうアップデートされるので、あくまで2016年3月現在の使い方ですが、以下に軽くアプリ画面の説明を書いておきますね。

 

Uber

周りにこれだけUberの車両があって、3分ほどで迎えに来てくれるということです。

uber

車を呼ぶ前に、目的地を入力します。

uber

uberXという車両は4人まで乗ることができ、目的地までは概算$25-32ということです。

uber

混みあっている時間帯にはこのような画面が出てくることがあります。この時間だけ通常の1.7倍の料金がかかるということです。了承して車を呼ぶか、料金が下がるのを待つか、選択可能です。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sachico44

sachico44カナダ在住

投稿者プロフィール

広告代理店、メーカー宣伝部勤務を経て、駐在妻としてカナダ在住。
旅行、テレビドラマ鑑賞、比較検討、節約、が趣味のアクティブな引きこもり。

Instagram】 【Photo Gallery

この著者の最新の記事

関連記事

編集者のおすすめ

  1. オーストラリア、シドニーの公共交通機関とえば、電車、フェリー、バス。 電車とフェリーは時刻表通りに…
  2. できれば体験しないほうがいいのでしょうが(笑)… 今回在マレーシア7年目にして初めて、観光客用ポリ…
  3. ハワイへの団体・グループ・社員旅行、結婚式の二次会やパーティにおすすめのレストラン、居酒屋・鉄板焼編…
  4. 今回は、ハワイへの「団体」「グループ」「社員旅行」「結婚式の二次会」や「パーティ」におすすめのおしゃ…
  5. ワイキキ内の雑貨店を一気に回るモデルプラン、ランチもいれて5時間で15店! 雑貨天国ワイキキ、可愛…

ピックアップ記事

  1. 来バリ島される、大人の男女子のみなさんになくてはならない物の1つが『ビンタンビール』 バリ島で…
  2. 以前にもご紹介したマレーシアのお土産の数々、その中でも特にお問い合わせが多いのが『なまこ石鹸』です!…
  3. 2月のハワイはホエールウォッチングのシーズン この時期(2月)はホエールウォッチングのベストシーズ…
  4. マレーシア・クアラルンプールから北へ約10kmにそびえ立つ巨大な岩山、インド系マレーシア人が信仰する…
  5. こんにちは!先日、トンボが飛び始めて季節の変わり目を感じるモルディブ。 日本も秋口にトンボが飛び始…

人気の観光スポット

  1. (大統領専用ジェティ) こんにちは! 年越し前から雨が降っておらず、年明けも1度小雨が降った…
  2. マレーシア・クアラルンプール中心地、ツインタワーの下にあるSuria KLCCショッピングモールから…
  3. マレーシア・クアラルンプールから北へ約10kmにそびえ立つ巨大な岩山、インド系マレーシア人が信仰する…

アンケート

海外旅行の頻度は?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

海外安全情報_外務省

RSS Feed Widget

話題の記事

記事の提供元メディア一覧
ページ上部へ戻る